出世ナビ

私の履歴書復刻版

尽きぬ事業欲――日本一の「丸松」と組む 戦局悪化、蚕糸事業は中止 日清食品創業者 安藤百福(3)

2014/3/31

台北市で始めたメリヤス商売は大成功だった。日本内地からいくら製品を仕入れても、間に合わなかった。そこで、翌年の1933年(昭和8年)に、大阪・船場のすぐ隣り、堺筋沿いの唐物町2丁目(現在の久太郎町1丁目辺り)に「日東商会」を設立して、問屋業務を始めた。

筆者が通った「丸松」の工場

取引先は和歌山、大阪、東京などのメリヤスメーカーで、私はどこへでも足を運び、作り方を勉強した。綿、毛、絹の素材の特長や、20番手、30番手といった糸の太さなどを覚えた。私の扱うのは特注品ばかりなので、糸の太さはこれ、編み方はこうと、いちいち注文をつけた。そのせいか、商品の評判は良かった。

こうなると、だんだん欲が出てくる。どうせやるなら、日本一のメーカーと組まなければおもしろくない。そのころ日本一のメリヤス業者といえば「丸松」だった。老舗である。

旧阪神北海老江駅近くにあった本社工場を訪問した。貿易部長の田附(たづけ)駿吉さんと商談したが、話がなかなか通じない。私は特注品を買いたいので、交渉がどうしても技術的な話になる。技術にうとい田附部長は手に負えなくなって、生産の責任者を呼んでくれた。

これが私に幸いした。現れたのが五十年配の藤村捨治良(すてじろう)工場長で、20代の私と妙に気が合った。それから後、話が弾むとご自宅までお邪魔して、食事をごちそうになるような親しい関係になった。

藤村さんにおもしろい体験をさせてもらった。「飛行機で東京まで行ってみないか」と誘われたのである。そのころ飛行機はまだ珍しく、私も乗ったことはなかった。大阪の八尾空港に行くと、チャーター機は翼が布張りの単葉機である。たたくとボンボンと音がする。これで東京まで行けるのかと心細くなった。

富士山の上空を飛んだ。操縦士が、振り返って「操縦してみますか」と言う。自動車免許も持たない私が操縦かんを握った。突然揺れが激しくなり、急上昇、急降下を始めた。藤村さんが青い顔をしている。

私は愉快この上ない。東京まで約2時間半で着いた。戦後、富士山周辺で旅客機が墜落し、乱気流の激しい場所であることを知った。若かったとはいえ、恐ろしいことをしたものである。もちろん、丸松との取引は成功した。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL