グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食を旅する

ちゃんぽんはご飯、すき焼き洋皿スプーン・沖縄の食堂 沖縄・那覇で食の日常を探る(3)

2016/5/31

沖縄は食堂も個性的だ。

沖縄らしい料理を取り揃えた、24時間営業の食堂チェーンがいくつかあって、昼夜を問わず、沖縄の味が楽しめる。

ポーク卵

沖縄の日常食として広く知られているのは、まずスパム。ランチョンミートだ。これを卵焼きと合わせて食べるのがポーク卵。ランチョンミート特有の強い塩気が、調味料なしで卵焼きを食べることを可能にしている。

やきそばにもランチョンミート

ちなみに、やきそばの肉もランチョンミートだった。

沖縄のちゃんぽん

東京はもちろん、お隣の九州から来た人でさえ「なんだこれ?」なのが、ちゃんぽん。沖縄では、ちゃんぽんは麺類ではなくご飯ものだ。

下に白いご飯

野菜や肉を炒めて、沖縄風に溶き卵をからめて、洋皿に盛ったご飯にかけて食べる。ちょっと濃い目の味付けが、白いご飯によく合う。

沖縄風すき焼き

チャンポン同様、本土と名前は同じでも、大きくイメージが異なる料理にすき焼きがある。普段僕らが親しんでいるすき焼きは、牛肉を鋳鉄の鍋で焼き煮にした鍋料理だが、沖縄では、すき焼きもまた洋皿に乗って登場する。

牛肉や葉物野菜、豆腐、さらには生卵と絡めて食べるという点で「構成要素」は同じだが、見た目は本土のすき焼きとは大きく異なる。つゆだくで、スプーンですくいながら食べる。もちろん添えられる白いご飯も洋皿盛りだ。

麩チャンプルー

麩チャンプルー。チャンプルーとは炒め物のこと。沖縄では麩を炒めて食べる。溶き卵を吸った麩がやはりいいご飯の友になる。

豆腐チャンプルー

豆腐チャンプルーは島豆腐の炒め物。島豆腐は、沖縄特有のしっかりした豆腐で、炒め物にしても型崩れしないのが特徴だ。

ブルーシールアイスクリーム 紅芋(上)田芋チーズケーキ(左)塩ちんすこう(右)

食堂でお腹いっぱいになったら、デザートも沖縄らしいものを。ブルーシールアイスクリームは、米軍基地から生まれた沖縄ならではのアイスクリームチェーンだ。

浦添市牧港にある本店に足を運ぶ。紅芋、塩ちんすこう、田芋チーズケーキと沖縄らしい味をカップ積み上げてもらう。

ブルーシールアイスクリーム牧港本店にて

最後に沖縄ならではの携帯食もご紹介しよう。

ポーク卵のおむすび

沖縄のおにぎりといえば、食堂でも食べたポーク卵を挟んだものの人気が高い。おにぎりといっても具をごはんの中に埋めるのではなく、サンドイッチのようにポークと卵をごはんで挟み込むように作るのが一般的だ。

ばくだん

そしてばくだん。大きな揚げかまぼこの中に、沖縄風の炊き込みご飯・じゅーしーが入っていた。

(渡辺智哉)

大人のレストランガイド

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL