単純な速さではない、独自の魅力

上級グレードのNinja ZX-25R SE / SE KRT EDITIONには、KQSという仕掛けが標準装備されている。これは冒頭で述べた通りクラッチ操作を必要とせず、足の操作のみで素早くギアチェンジが行えるという機構で、超高回転型のエンジンとの組み合わせは実にご機嫌だった。超高回転を保ったままギアをスイッチ感覚でアップしていく体験は、2輪レースのオンボードカメラ映像の世界である。スポーツライディングをサポートするとともに、「気分」を高める演出的な効果も大きいと感じた。

ショーワ製の高性能倒立フロントフォークを採用。フロントブレーキはシングルディスクだが、強力な制動力と高いコントロール性を実現している
フロントカウル中央にはラムエアシステムを採用。走行風を利用して吸気効率をアップさせ、エンジンの出力を高める機構だ

同社のスーパースポーツモデル、ZX-10RそっくりのスタイリングもあってNinja ZX-25Rに絶対的な速さを期待してしまう人もいるかもしれない。だが、速さを求めるなら(250cc以外のバイクを所有できないという人は例外として)、もっと排気量の大きいロードスポーツモデルを購入するほうが、はるかに近道である。Ninja ZX-25Rは、250㏄4気筒エンジンの緻密なフィーリングを堪能するため入念に作り込まれた一台だ。いずれ大型バイクへステップアップするための入門車ではなく、ZX-25RはZX-25Rでしか得られない世界がしっかりと確立されており、レーサー気分を誰でも楽しめるファンバイクとして代えがたい魅力がある。

(ライター 佐藤旅宇)