天井知らずに回るエンジン

パワーモードの切り替えやKTRC(カワサキトラクションコントロール)の効きは左手のスイッチで操作する。後者はドライ路面の一般公道を普通に走る分にはあまり恩恵は感じなかった。雨天時やサーキットライドなどでの本格的なスポーツ走行で真価を発揮すると思われる

走ってみると、良くも悪くも1万5000rpmオーバーまでよどみなく回り切る超高回転型のエンジンが鮮烈な印象だった。がぜん元気になるのは8000rpm以上。並列4気筒エンジン特有の空間を切り裂くような高周波の排気音が、ライダーのスポーツマインドをいや応なしに刺激する。このエンジンを回し切る快感を日常的な速度域で味わえるのは、Ninja ZX-25Rの何よりの魅力だ。これが大型バイクだと、ちょっと回しただけであっという間に非合法のスピードに達してしまう。エンジンの本来の性能を味わおうと思ったら長いストレートのあるサーキットにでも行かない限り不可能だろう。

高速道路を時速100キロメートルで巡航をしたところ、6速でエンジン回転数は9500rpmあたり。普通に考えればものすごい高回転だが、まるで電気モーターのように振動がないため、そのまま走り続けてもストレスを感じない。エモーショナルな鼓動感とは異質の、無機質で精密な作動感だが、それもここまで極めれば官能的アピールに変わる。

ショートタイプのマフラーが奏でる高回転域の甲高い排気音はNinja ZX-25Rのアイデンティティーのひとつ

一方で、低中回転域のパワー感は同じ250ccの単気筒や2気筒モデルと比べても明らかに乏しい。スロットルを開けたときの瞬間的な加速力はおおむね1気筒当たりの排気量に比例するので当然と言えば当然だが、それにしても大胆なまでに高回転重視の特性だ。市街地でも車線変更や追い越しなど瞬発力が必要なシーンは案外多いが、ZX-25Rで人馬一体の操縦性を得ようと思ったら、常に高回転をキープしなければならない。個人的には一般公道でやたらに高回転を維持して走るのは、周囲を威圧するようで気が引けるが……。

Ninja ZX-25Rはアグレッシブなルックスから連想するよりもハンドリングは安定志向だ。ライディングポジションも穏当だが、本当に楽しく走るならやはりサーキットがふさわしいだろう。現在のこのクラスのモデルとしては際立ってとがった性格のバイクといえる。

次のページ
単純な速さではない、独自の魅力
MONO TRENDY連載記事一覧