更年期の影響? 40~50代で増える中途覚醒、その対策女性のためのカラダ講座(2)

写真はイメージ=123RF
日経Gooday(グッデイ)

「更年期」という言葉が当たり前に使われるようになったが、「更年期/更年期症状/更年期障害」という言葉を混同している人はまだ多い。更年期は閉経の前後5年間を指し、期間が判明するのが実は閉経後だ。産婦人科医でイーク表参道副院長の高尾美穂さんによると、40代に入ったら「更年期に差しかかっている」ということを念頭に置くことが大切だという。

前回記事に引き続き、高尾さんに話を聞いた。今回は「更年期が原因だ」と誤解しやすい「睡眠にまつわる問題」について。

睡眠時の中途覚醒=更年期の症状とは限らない

――昨今、睡眠時間が短い人は、肥満や糖尿病、高血圧、メタボリックシンドロームになりやすく、うつ病を発症するリスクが高いなど、睡眠と健康の関係が注目される中、更年期障害と睡眠の問題への関心も高まっています。更年期は睡眠に関わるのでしょうか。

高尾美穂氏(以下、高尾) 睡眠が足りないことが、高血圧、糖尿病、認知症、女性は乳がん、男性は前立腺がんなどの発がん、そしてメンタルダウンといった病気の大きなリスク因子になることがわかっています。ただ、これを解消するにはまず、睡眠の重要性を理解し、トータルの睡眠時間を確保する強い意志を持つ必要があります。

不眠には寝つきの悪い「入眠障害」、眠りが浅く途中で何度も目が覚める「中途覚醒」、早朝に目が覚めてしまう「早朝覚醒」、ある程度眠ってもぐっすり眠れたという満足感(休養感)が得られない「熟眠障害」の4つのタイプがあります。これらが夜間に1カ月以上にわたって続き、日中に倦怠(けんたい)感、意欲低下、集中力低下、抑うつ、頭重、めまい、食欲不振などが続いていると認められると、不眠症と診断されます。

ただ、日本人の働く世代の場合、トータルの睡眠時間の確保がまずできていません。National Sleep Foundation(米国国立睡眠財団)では、昼夜合計の睡眠時間を働き盛りの18~64歳でも7~9時間必要と定義しています[注1]。ところが日本はOECD加盟国の中でも睡眠時間は最下位です[注2]

こうした睡眠時間を確保した上で、日中起きている時間帯にまったく眠くならないのが、十分な睡眠が取れているという状態。電車で座ったら眠くなるようでは足りていないわけです。睡眠時間が足りなければ起きている時間のパフォーマンスは落ちますし、眠いから変な時間に昼寝もする。すると寝つきが悪くなるという悪循環で、不眠症のグループに入っていく可能性があります。

日本の女性の場合、働いて子育てをして介護をして…と役割が多いことが指摘されており、男性より女性のほうが睡眠時間を確保できていません。特に更年期の世代は役割が多いだけでなく、実は20代、30代、40代と積もり積もってきた睡眠不足も大きいわけで、これらがメンタルダウンに大きく影響を及ぼしていると言っても過言ではないでしょう。

[注1]「How Much Sleep Do We Really Need?」https://www.sleepfoundation.org/how-sleep-works/how-much-sleep-do-we-really-need

[注2]OECD(経済協力開発機構)の「Gender Data Portal 2019」の調査では日本人の睡眠時間はOECD加盟国中最下位

次のページ
更年期だけでなく積み重なった睡眠不足も影響