ブレイク予測3:肉料理アップグレードスパイス

既存商品の中にも、これから売れ筋になりそうな調味料がある。例えば、ハワイのレストランでよく見かける「ガーリックシュリンプ」を作るためのタレ(129円)。食欲をそそるガーリック風味で玉ネギなどのざくっとした食感がアクセントの料理で、エビにまぶしてフライパンで焼いて仕上げられる。ビールのおつまみにぴったりの一品といえる。

ガーリックシュリンプ。エビを漬け込んでフライパンで焼くだけの手軽さに特徴がある。むきエビだけでなく、殻付きエビでもおいしい

ブレイク予測4:野菜・魚介の斬新タレ

中南米でよく食べられているマリネを作る「セビーチェの素」(198円)も、ヒット候補の調味料だ。ゆでたシーフードミックスにあえるだけの簡単調理で、レモンの酸味と唐辛子の利いたピリ辛なマリネサラダを食卓に並べられる。

セビーチェの素。メキシコやペルーなどでよく食べられるマリネのセビーチェを、シーフードや野菜と絡めるだけで作れる。レモンの酸味と唐辛子がアクセントに

ブレイク予測5:「映える」ニュータイプドリンク

ドリンク類では、8月に発売した「インスタント ピスタチオラテ」(378円)が、ピスタチオブームに乗って売れ行きを伸ばす可能性がある。湯や水で溶かして飲む粉末タイプの飲料で、ミルクやコーヒーと混ぜてもおいしい。

インスタント ピスタチオラテ。独特の香ばしさとミルクの甘みに特徴がある。ホットの場合、120ミリリットルのお湯に対しスプーン山盛り2杯。水でも溶けるのでアイスラテにも使える

既にトレンドの、乾燥させたマメ科の植物の花を加えた青色をしたハーブティーのバタフライピー。これを家で作れる「ガーデンティー レモングラスバタフライピー」(378円)が売れそうだ。バタフライピーはレモンやライムなどを加えるとピンク色に変化する点が「映える」とあって若者に人気だが、幅広い層に広がりそうだ。

ガーデンティー レモングラスバタフライピー。バタフライピー(マメ科の植物)の花を加えたハーブティーで、ティーバッグが10袋入っている。レモンなどを入れると色が変わるのがポイント。実勢価格378円

キャメル珈琲は北海道余市に「キャメルファームワイナリー」を抱え、オリジナルワインも手掛けている。17年に醸造所が完成し、ブドウの栽培からワイン醸造まで一貫生産する環境を整えた。20年に収穫したブドウを使ったワインの店頭販売を、9月3日から開始した。

白ブドウ品種のケルナーを使った「ケルナー 2020(白)」(3278円)や「ケルナー スパークリング 2020(白・発泡)」(2948円)など3種類をラインアップする。国産ブドウを使った日本ワイン人気が続いており、争奪戦になるかもしれない。

(日経トレンディ 高田学也、写真 中本浩平)

[日経トレンディ2021年10月号の記事を再構]

「ヒットを狙え」の記事一覧はこちら

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。