ウクライナの首都キエフを拠点とする一座は、2月23日にフランスに向けて出発し、子ども向けの『くるみ割り人形』を2週間上演する予定だった。2月24日、ロシアのプーチン大統領はウクライナに対する侵攻を開始。数千人が死亡し、300万人近くが避難している。バレエダンサーたちは現在、パリのシャトレ座に滞在しているが、滞在の終了はますます遠のきつつあるように思える。

公演前にウオーミングアップをするバレエダンサーたち。キエフ・シティ・バレエ団はもともと、子ども向けの『くるみ割り人形』を上演するためにフランスにやって来た(PHOTOGRAPH BY MONIQUE JAQUES)
開演前の最後の数分間、ミロスラフ・チェルヌースさんが足を温め、ユリア・クズミッチさんがストレッチをしている(PHOTOGRAPH BY MONIQUE JAQUES)

「まさかこんなことになるとは思ってもいませんでした」とコズロバさんは言う。持ってきていたのは、当初予定していた公演分の衣装だけ。それ以外は「何も持ってきませんでした。音楽も、ビデオも、資料も、すべてキエフに置いてきたまま……。自分たちが持っているものすべてに別れを告げたようなものです」

文化遺産への攻撃

ロシアのウクライナ侵攻によって、同国の様々な文化遺産が破壊されている。

「文化はロシアの戦争戦略における主要な標的の1つです」。そう話すのは、ウクライナで保管されているデジタルアーカイブやデータを保護しようとする約1200人の文化遺産専門家のグループ「Saving Ukrainian Cultural Heritage Online(SUCHO)」を、2人の仲間とともに主宰しているセバスチャン・マジェストロビッチさんだ。「ウクライナに固有のものがすべて消えてしまえば、プーチンの目的が果たされることになります」

ロシアがクリミアを占領・併合した2014年以降、「ロシア当局はドンバスとクリミアで遺物を撤去し、墓所を取り壊し、教会を閉鎖した」と、米国務省は声明で述べている。今回の戦争では、すでにイバンキフ歴史・地方史博物館を含む多くの建造物が破壊され、歴史あるスヴャトヒルスク修道院も被害を受けた。「かけがえのない文化遺産が傷つけられたことは、私たち全員にとって深い喪失を意味しています」

パリにいる38人のキエフ・シティ・バレエ団のダンサーは、ほとんどが18歳から22歳だ。同じ学校で学んだこともあり、幼なじみ同士のメンバーも多い。リハーサルではウクライナ語とロシア語を使う。また、英語を話すことも多く、バレエの専門用語のフランス語も使う。彼らは約70人いるバレエ団メンバーの一部にすぎない。ほかにも、チェコに滞在しているダンサーたちがいる。

シャトレ座でポーズをとるアンナ・レチカさん。ウクライナのマリウポリ出身だが、2週間前から家族と連絡が取れなくなっている(PHOTOGRAPH BY MONIQUE JAQUES)
クセニア・リトビネンコさん(19歳)は、キルギスに住んだ後、ダンスを学ぶためにウクライナに引っ越した。侵攻後、ポーランドを経由してパリに到着し、バレエ団に加わった(PHOTOGRAPH BY MONIQUE JAQUES)
次のページ
寄付されたタイツやレオタード