パソコン選びで大切なCPU 性能はここを見れば分かる最新パソコンスペックガイド CPU編

パソコンの心臓部はCPU(中央演算処理装置)。自分に最適なCPUを選択するためには、CPUのスペックの意味を正しく理解しておく必要がある。スペックの意味を理解していれば、スペック表を見るだけで性能の違いなどを即座に判断できる。ノートパソコンのCPUのスペックで注目すべき点は、「型番(製品名)」「動作周波数」「コア数/スレッド数」の3つ(図1)。以下、これらの見方について詳しく解説する。

図1 ノートパソコンのCPUのスペックで注目すべきは、「型番(製品名)」「動作周波数」「コア数/スレッド数」の3つ。以下、これらの見方について解説していこう

型番をつぶさに見れば性能は把握できる

パソコン向けCPUの主なメーカーは、Intel(インテル)とAMD(エーエムディー)。両社のCPUの型番は、性能や特徴の違いを判別できるように、一定のルールに基づいている。まずはインテルの型番の読み解き方から見ていく(図2)。

インテルCPUの型番は、「ブランド名」「シリーズ名」「プロセッサーナンバー」「世代」「カテゴリー」などで構成される(図3図4)。

図2 インテルCPUの型番は基本的に「ブランド名」「シリーズ名「」プロセッサーナンバー「」世代「」カテゴリー」で構成されているが、図3、図4の通り、世代、シリーズで若干異なる
図3 第11世代(開発コード名:Tiger Lake)と第10世代(開発コード名:Ice Lake)の「U」「Y」カテゴリーの製品名は、上の要素で構成されている。カテゴリーは、「5」が性能と省電力性を両立させた「U」、「0」が省電力モデルの「Y」であることを意味する。「G7」「G4」などは内蔵グラフィックス機能のグレードで、数字が大きいほど高性能だ
図4 第11世代の「H」カテゴリーおよび第10世代(開発コード名:Comet Lake)とそれ以前のCoreブランドの製品名は、上の要素で構成されている。カテゴリーは、性能重視モデルの「H」、性能と省電力性を両立させた「U」、省電力性を追求した「Y」などがある

ノートパソコン向けCPUの主なブランドは、性能の高い順に、主力モデルのCore(コア)と低価格パソコン向けのPentium(ペンティアム)とCeleron(セレロン)の3つ(図5)。

図5 現状、インテルのノートパソコン向けCPUの主なブランドは、性能の高い順で、主力モデルの「Core」、低価格パソコン向けの「Pentium」、Pentiumの下位モデルとなる低価格パソコン向けの「Celeron」の3つだ

PentiumとCeleronにはCoreと同じアーキテクチャーを採用するものとタブレットや超低価格パソコン向けのAtom(アトム)系統のものがあるので注意が必要。どちらの系統であるかは、図6の通り型番で判別できる。 

図6 PentiumとCeleronは表の通り、Coreシリーズと同じアーキテクチャーを採用するものと、タブレットや低価格PC向けのAtom系統のものがある。Atom系は性能が劣る

Coreブランドには、3次元(3D)ゲームやクリエーター向けウルトラハイエンドの「i9」、動画編集や高画質写真編集などを想定したハイエンドの「i7」、汎用性の高いアッパーミドルの「i5」、ビジネス用途に最適なミドルレンジの「i3」の4つのシリーズがある(図7)。「9」や「7」などの数字が大きいほど高性能と覚えておこう。

図7 シリーズ名はCoreブランドにおける位置付けを表している。一般的なノートパソコン向けとしては、ミドルレンジのi3、アッパーミドルのi5、ハイエンドのi7、最上位ハイエンドのi9がある。同世代であれば数字が大きいほど高性能となる

「1165」「1180」「11850」などの4桁ないし5桁の数字はプロセッサーナンバーで、同ブランド、同シリーズの中での位置付けを表している(図8)。こちらも数字が大きいほど高性能だ。

図8 プロセッサーナンバーは、同ブランド、同シリーズにおける位置付けを表しており、数字が大きいほど高性能となる

このうち、「11700」の「11」や「8700」の「8」など、Coreブランドのプロセッサーナンバーの最初の数字は世代を表している(図9)。これはCPUの処理性能に大きく関係するので、よく覚えておこう。同ブランド、同シリーズにおいては、世代が新しいほど高性能だ。

図9 Coreシリーズでは、プロセッサーナンバーの最初の数字が世代を表している。同ブランド、同シリーズにおいては、基本的に世代が新しいほど高性能だ

注意したいのは、型番のカテゴリーの表記だ。カテゴリーは「性能重視型」や「省電力重視型」などCPUの種類を示すもの。第11世代と第10世代のIce Lakeコアの型番などでは、カテゴリーを「5」「0」などと数字で表記する。これに対して、第10世代のComet Lakeコア以前などでは、「U」「Y」などとアルファベット表記で最後に付ける。

アルファベット表記のカテゴリーの意味を、図10に示した。現行のCPUでは、処理性能重視型の「H/HK」、性能と省電力性のバランスを重視した一般ノート向けの「U」、超省電力のモバイルパソコン向けの「Y」の3つがある。

図10 Coreシリーズでは、基本的にプロセッサーナンバーの最後の英字がカテゴリーを表している。各英字の意味は表の通り。同じブランド、シリーズでも、カテゴリーが違うと、性能、消費電力が異なる。一般的にTDP(熱設計電力)が低いものほど省電力だが、その分性能は低くなる。なお、第11世代CPUなどのカテゴリーの判別方法は図3を参照

なお、同ブランド、同シリーズでもカテゴリーが違うと、TDP(熱設計電力)が異なり、性能や消費電力が大きく違うので要注意。一般的に性能が高くなるほど消費電力が増え、発熱量も大きくなる。

次のページ
基本的な見方はAMDもインテルと同じ
MONO TRENDY連載記事一覧