ウェブ会議向けが充実

20年はコロナ禍でウェブカメラが売れに売れた。21年はさらにウェブ会議向けのデバイスや機能が充実した。

ノートパソコンの新機種の多くが、マイクのノイズキャンセリング機能を搭載した。周囲の音がうるさくても、自分の声をきれいに届ける機能だ。スピーカーにも力を入れたノートパソコンが増えている。

ウェブカメラも進化し、画質の良い製品が続々とお目見えした。考えてみれば、大事な会議や商談で自分をよく見せたいのは当たり前のこと。高級なウェブカメラは画質が明らかによい。

ほかにもウェブ会議用のスピーカーやマイクなどが続々登場した1年だった。

シスコシステムズの4K対応ウェブカメラ「Webex Desk Camera」は画質が素晴らしい

PCやスマホのスタンドがちょっとしたブームに

パソコンやタブレット、スマホなどを立てかけるスタンドがちょっとしたブームになっている。カフェなどで見かけた方も少なくないだろう。

パソコンやスマホ、タブレットのスタンドがちょっとしたブームになっている

タブレットやスマホを立てて置くのは、そのほうが見やすいからだ。折りたたみのスタンドが増えており、かなり目立っている。

また、ノートパソコンは高さのあるスタンドに置くことで、視点が高くなりディスプレーの見やすさが増す。視線を下げなくても済むので首が楽だ。変わったスタイルでパソコンを利用しているように見えるかもしれないが、使ってみると理にかなっていることが実感できる。

こんなアナログなデバイスも、静かな流行をみせた21年だった。

戸田覚
1963年生まれのビジネス書作家。著書は150点以上に上る。パソコンなどのデジタル製品にも造詣が深く、多数の連載記事も持つ。ユーザー視点の辛口評価が好評。