エリア内でつながらないことも

気になる実効速度は、東京都内の3カ所で計測した結果を示した(図7)。5Gで接続できた場所では200メガビット/秒(Mbps、メガは100万)台の速さをたたき出した。一方4Gではおおむね30M~80Mbps程度。動画配信サービスのNetflixの4K映像(UHD 4K)の推奨速度は25Mbps以上なので、4Gでも実用上は問題なさそうだ。

図7 東京都内の3カ所で5Gおよび4Gの実効速度を計測したところ、5Gは電波環境さえ良ければ非常に高速だった(グーグルの速度測定サービスを実施)。しかし、電波環境によって通信速度はまちまちで上下のブレも激しいため、複数回計測して中央値を示した。特に5Gはエリア内でも接続できないケースもあり、安定性には欠ける印象だ

しかし、5Gに過度の期待は禁物。電波の受信状況が安定せず、サービスエリア内とされる場所でも接続できないケースがあった。さらに接続時も上りの速度やレイテンシ(通信の遅延)の数値が異常に悪化する現象も発生。データをアップロードする機会の多い人や、オンラインゲームを楽しみたいユーザーには気になるところだ。

5Gエリアの境界近くでは、「パケ止まり」と呼ばれる速度低下を訴えるユーザーの声もある。各社改善を進めているが、手動で4Gに切り替えたほうが安定する場面もあるだろう(図8図9)。

図8 HR01の設定画面を開くには、初期設定では、2.4GHz帯のSSIDか有線で接続した端末からアクセスする必要がある。5GHzで接続した端末からアクセスしたい場合は、「SSID BユーザーのWeb設定ツールへのアクセス」で「許可」を選択する(1)~(3)
図9 標準では5Gと4Gを自動で切り替える「5G/4G(Auto)」に設定されているが、5Gの通信が安定しなければ手動で「4G」に切り替えるのも手だ

ドコモでは3日間の通信量による速度制限を設けているが、基準は明らかにしていない。現状では15ギガバイト(GB、ギガは10億)を超えても明確な制限はかからなかった。利用場所は契約時に指定した住所に限られるが、会員サイトなどから月1回、変更の手続きが可能だ(図10)。

図10 HR01の利用場所を変更したい場合は、会員サイトの「My docomo」などで手続きする必要がある。My docomoでは、「設置場所住所の変更のお手続き」から1カ月で1回だけ住所変更が可能だ

(ライター 五十嵐俊輔)

[日経PC21 2022年1月号掲載記事を再構成]