乳製品や卵つかわないドーナツ 2foodsが銀座に旗艦店

2foodsで提供されているドーナツ。カラフルな見た目が印象的だ
日経クロストレンド

プラントベースフードのカフェ「2foods(トゥーフーズ)」が2021年11月2日、6店舗目となる銀座ロフト店をオープンした。21年4月に開店した渋谷ロフト店に続く2つ目の旗艦店ながら、メニューは全商品のうちの約2割に絞った。その裏には、日本でなじみの薄いフードテックを浸透させるための戦略があった。

ショーケースを彩る、カラフルにコーティングされたドーナツ。一見すると派手だが、見た目からは想像がつかないほどヘルシーな一品だ。合成着色料やうま味調味料などの添加物は一切入っておらず、乳製品や卵など動物性由来の原料は使用していない。油は低トランス脂肪酸のものを選び、特殊なフライヤーで吸油率を50%に抑えている。

このドーナツはTWO(東京・渋谷)が手がける、プラントベース(植物由来原料)の食品ブランド「2foods」の商品だ。同ブランドはカレーや担々麺などの主食から、アイスやガトーショコラといったスイーツまで、幅広いメニューを開発・販売している。

2foodsのロゴ画像。プラントフードベースのブランドとして21年4月に発足した

プラントベースフードは今世界で注目を集めるフードテックの一分野だ。プラントベースフードは人口増加による動物性たんぱく質不足を補う代替食として台頭し、二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境問題にも貢献。食の安全性も高く、人々の健康にも寄与するとされている。

ただ、TWOの東義和CEO(最高経営責任者)によれば、日本では世界に比べてプラントフードの浸透が遅れているそうだ。その大きな要因として、プラントフードが環境や食糧不足に貢献するという商品背景や社会貢献としての役割が、ユーザーに十分理解されていない点を挙げた。

そこで2foodsは商品自体のおいしさやヘルシーさ、リピートにつながる中毒性を意識した。ユーザーに直接響く五感に訴えた商品開発で、新規層を取り込む工夫を施した。

次のページ
コロナ禍で店舗展開を進める理由