個別アプリの起動が遅い場合への対処

次に個別アプリの起動が遅い場合への対処だ。アプリを最新版にしたりリセットしたりすることで解決を図る。

まずは最新版へのアップデートだ。とはいえ、たくさんのフリーソフトをインストールしている場合、いちいち最新版がないかを確認するのは面倒。ここもGlaryの手を借りよう。

「最適化&性能向上」の中にある「ソフトウェアのアップデート」をクリックすると、パソコンにインストールされているアプリが横断的に検索され、最新版が公開されているものがウェブブラウザー上でリストアップされる(図9図10)。最新版の入手先ページへのリンクが用意されるので、そこからたどってアプリを更新しよう。

図9 自分でインストールしたアプリの最新版があるかどうかを確認するには、「高度なツール」の「最適化&性能向上」で「ソフトウェアのアップデート」をクリック(1)~(3)
図10 ウェブブラウザーが起動し、最新版が存在するアプリが一覧表示され、それぞれの右側にはダウンロードページへのリンクが付く。クリックして最新版を入手しよう。アプリによっては、アップデートすることで日本語表示などに不具合が生じることがある

ストアアプリの調子が悪いときは、Windowsの標準機能でリセットを試みるのが賢明だ。「アプリと機能」の設定画面を開き、対象アプリの「詳細オプション」を開く(図11)。「リセット」を押すと、アプリのデータが削除されてリセットが完了する(図12)。

図11 ストアアプリの調子が悪いときはリセットしてみよう。「アプリと機能」の設定画面を開き、対象アプリを選んで「詳細オプション」をクリック(1)(2)
図12 「リセット」をクリック。アプリが設定などのデータを保持している場合、それらは削除される。たたし「Microsoftフォト」と「スマホ同期」には「修復」ボタンがあり、アプリのデータを保持したままで修復ができる

マイクロソフトのオフィスソフトの調子が悪いときは修復を試してみよう。「アプリと機能」の設定画面からオフィスソフトの修復画面を開く(図13)。まずは「クイック修復」、それでダメなら「オンライン修復」を実行する(図14)。前者はインターネット接続が不要だが、後者では必要で処理に時間がかかる。

図13 マイクロソフトのオフィスソフトの調子が悪いときは、「アプリと機能」の設定画面でオフィスソフト(名称はバージョンによって異なる)を選び、「変更」をクリック(1)(2)
図14 「クイック修復」を選択し、「修復」をクリック(1)(2)。次の画面で「修復」を押すと修復が始まる。これで改善しなかったときは、「オンライン修復」を実行する

ウェブブラウザーの起動に時間がかかる場合は、拡張機能が原因かもしれない。不具合の発生や、起動時のアップデート確認に時間を要している可能性がある。多くの拡張機能を組み込んでいる場合、使っていないものはオフにしたり削除したりするとよい。図15ではChromeのやり方を示したが、ほかのウェブブラウザーでも基本的な考え方は同じだ。

図15 Chromeの起動に時間がかかるときは、不要な拡張機能をオフにする(1)~(3)。ほとんど使っていない拡張機能は削除も検討しよう(4)。ほかのウェブブラウザーも基本的な考え方は同じだ
次のページ
奥の手、「JetBoost」を試してみる