オークションサイト「.mura」 NFT化した音楽作品販売エンターテック

日経エンタテインメント!

近年、NFTと呼ばれる、“偽造不可能な鑑定書や所有証明書付きのデジタルデータ”に注目が集まっています。トレーディングカードやアートなどの分野で活用され始めていますが、音楽に応用したのが2021年10月からサービスが始まった「.mura」(ドットミューラ)。NFT化した音楽作品を販売するオークションサイトで、12月上旬までに小室哲哉さんをはじめとした4組のアーティストが出品しました。

「.mura」で販売されている楽曲データの多くは、ストリーミングなどで使われているmp3の音質ではなく、よりハイビットな高音質なものとなっている

サービスを立ち上げた、Studio ENTREの代表取締役社長の山口哲一氏に、MTVジャパンやユニバーサルミュージックなどで新規事業開発を担ってきた鈴木貴歩氏が話を聞きました。

【解説】「.mura」とは?
 エンタテインメント領域のDX化事業を行うStudio ENTREと、ブロックチェーン技術をサポートするGincoによって運営する楽曲販売サービス。デジタル音源とアートワークに加え、原盤権の売り上げの一部を譲渡するといった特典を付与することができる。購入者の身元確認にも力を入れており、パスポートによるIDチェックを行うなど、販売するアーティスト側にとっても安心できる設計となっている。購入する方法としては、暗号通貨、日本円、PayPal、クレジットカードなど、幅広く対応する。

――「.mura」を立ち上げた経緯について教えてください。

音楽業界において、アーティストファーストのエコシステムに寄与したいという思いからです。近年定着した音楽ストリーミングサービスは、デジタル時代の音楽生態系の幹となっています。しかし再生回数による分配だと、ごく少額になるアーティストも多く、原盤制作費の回収に時間がかかる。特に新人アーティストにとっては厳しく、ファイナンス面でアーティストとユーザーをダイレクトにつなぐ仕組みでの補完が必要です。クラウドファンディングもありますが、日本の音楽領域ではアイドル以外での成功事例が少なく、定着したとは言えません。

そこで、「.mura」では、NFT化したデジタル音源とアートワークをオークション形式で直接販売。特典として、楽曲の独占使用権や、原盤権の売り上げの一部を譲渡できるようになっています。購入した人たちのことを、私たちはコモンズオーナーと呼んでおり、アーティストの1番のサポーターです。ここから新たな音楽コミュニティーが生まれるのではと期待しています。

――11月に最初にオークションにかけられた音楽ユニットam8さんの楽曲は、最高額のもので13万円の価格が付きましたね。

彼らはコモンズオーナーに対する特典として、ストリーミングの配信収益の50%を期間限定で分配するとしていました。音楽の場合、たくさんの人に聴いてもらいたいというのが、基本的なアーティストのモチベーションです。なので、購入者しか聴けないという形よりも、楽曲の収益の一部が分配されるほうが双方にとって有益かなと考えています。3人組バンドのニルギリスさんの楽曲は40万円の値が付いたんですが、彼らの場合、ストリーミングの配信収益の分配率を20%に設定。このあたりの数字はまだ手探りの状態で、これから様々な事例が蓄積されていくなかで適正値が見えてくるのかなと思います。

次のページ
小室哲哉の曲は50万円で落札