Wi-Fiの「二重ルーター」解消 ゲームでトラブル防止Wi-Fiトラブル完全解決ガイド(5)

光回線を利用している家庭にはホームゲートウエイ(HGW)が設置されていることが多い。ルーター機能を備えたHGWにWi-Fiルーターを接続していると、俗に「二重ルーター」と呼ばれる状態になっているケースがある(図1)。

図1 光回線接続用のホームゲートウエイ(HGW)やONU(光回線終端装置)は、ルーター機能を搭載しているものも多い。ここにWi-Fiルーターを接続すると、DHCPやNATなどのルーターとしての機能が二重に働く場合がある。これによって問題が起きることはそれほど多くないが、利用環境によってはトラブルの一因になる

この状態でもウェブ閲覧に支障はないが、オンラインゲームなどでトラブルが起きることがある。気になるなら、「tracert(トレースルート)」コマンドを使えば二重ルーターを見抜ける。これは指定したサーバーまでに経由したルーターを調べるコマンド。家庭用ルーターのIPアドレスは通常「192.168…」で始まるので、これが2つあれば二重ルーターというわけだ(図2)。

図2 コマンドプロンプトを起動し、半角で「tracert -d 8.8.8.8」と入力して「Enter」キーを押す(1)(2)。これは指定サーバーまでのルーターの経路を調べるコマンドで、経由した順に並ぶ。一般的に「192.168.…」で始まるIPアドレスは家庭内のルーターに割り振られるため、2つあれば二重ルーターの状態だとわかる(3)。ちなみに「8.8.8.8」はグーグルのサーバーのIPアドレスで、「yahoo.co.jp」などに変えてもかまわない
次のページ
機能をアクセスポイントに切り替える