親を殺されたゴリラ孤児ンダカシ、飼育員との14年

ナショナルジオグラフィック日本版

2021年9月、飼育員であるアンドレ・バウマ氏の腕の中で息を引き取った、メスの孤児のマウンテンゴリラ、ンダカシ(PHOTOGRAPH BY BRENT STIRTON)

2007年、私(この写真を撮影したブレント・スタートン氏)は仕事でコンゴ民主共和国のビルンガ国立公園を訪ね、武装組織と戦う公園レンジャーたちと行動を共にしていた。絶滅危惧種であるマウンテンゴリラが殺されたという情報が入ってきたのは豪雨の中だった。

ライフル弾を何発となく撃ち込まれた母親の死体に、生後数カ月のゴリラがしがみついていた。血と雨が死体を囲うようにたまる中、彼女は母親の乳を吸おうとしていた。それが孤児ゴリラ「ンダカシ」との出会いだった。

野生のマウンテンゴリラは現在、1000頭余りしか残っていないが、当時はわずか400頭しかおらず、この殺りくは大きな話題になった。ンダカシはこのゴリラ家族の唯一の生き残りだった。

ンダカシは弱っていて、長くは生きられそうになかった。レンジャーのアンドレ・バウマ氏は雨の中から彼女を救い出し、朝まで自分の体で温めた。これが14年に及ぶ愛情深い関係の始まりだった。

バウマ氏は現在も、アフリカ初の国立公園ビルンガに設立されたセンクェクェ・センターで、飼育員長を務めている。ンダカシは、このセンクェクェに移り、ほかのマウンテンゴリラの孤児たちと一緒に暮らすようになった。ここは全ての孤児たちが24時間体制でスタッフの世話を受ける場所だ。獣医師のエディ・シャルハ氏と「ゴリラ・ドクターズ」(ゴリラを診察する獣医師たちのグループ)が奇跡を起こし続ける場所でもある。

マウンテンゴリラは驚くほど繊細で優しい生き物だ。彼らには個性がある。彼らは喜び、悲しむ。人間と同じだ。ンダカシはそれらの全てを飼育員たちと共有した。飼育員たちは自分の家族よりもゴリラと一緒にいる時間の方が長い。彼らはゴリラたちを愛し、「私の子供たち」と呼ぶほどだ。

献身的な世話を受けてきたにもかかわらず、ンダカシは半年ほど前に謎の病に冒された。そうして21年9月26日、14年前に彼女を救ったバウマ氏の腕の中で息を引き取った。バウマ氏の悲しみの深さは計り知れない。

連絡を受けたとき、私はビルンガの別の場所で、公園のリーダーたちと一緒だった。それまで熱心に議論を交わしていた全員が、知らせを聞いて黙り込んだ。思いがけないことであり、とても悲しいことだった。

07年7月、ビルンガ国立公園。ゴリラの殺害現場に立つ、アンドレ・バウマ氏ら公園関係者たち(PHOTOGRAPH BY BRENT STIRTON)
ナショジオメルマガ