エラーが出なければ、通信自体は問題なくできている(図5)。

図5 図4と同様に入力して4回の送受信の結果が表示されれば、プリンターの通信自体には通常問題ない(1)(2)。IPアドレスの自動変更などによる不具合の可能性があるので、図6のように対処するとよい

ルーターとプリンターを再起動

プリンターの場合、ルーターの再起動などによってIPアドレスを自動変更されると印刷不能になることがある。その際は、ルーターからプリンターへと順番に再起動するのがセオリーだ(図6)。

図6 不具合の解消にはルーターとプリンターの再起動が効果的。再起動する場合、ネットワークの上位から下位の順番で行うのが基本(1)~(4)。ちなみにエプソンではルーターの電源を入れてから1分後にプリンターの電源オンを推奨している

なお、プリンターメーカーによっては、ネットワークを含めたトラブルの解決を手助けしてくれるツールを用意している(図7)。

図7 プリンターメーカーによっては、トラブルの解決をサポートしてくれるツールを無料で配布している(画面は「Epson接続診断ツール」)

(ライター 五十嵐俊輔)

[日経PC21 2022年1月号掲載記事を再構成]