サントリー「第3のソーダ割り」 日常的な食中酒に

日経クロストレンド

2022年3月22日から発売される「翠」のソーダ割り缶商品
日経クロストレンド

サントリーは、人気の国産ジン「翠(すい)」をソーダ割り缶商品にして、2022年3月22日に発売する。ハイボール、レモンサワーに次ぐ「第3のソーダ割り」とうたい、食中酒としての日常的な飲用を促す。販売目標は150万ケース。角ハイボール缶の発売初年度と同等の強気な目標を掲げた。

◇  ◇  ◇

「翠」のソーダ割り缶商品、通称「翠ジンソーダ缶」は、22年2月15日からコンビニで先行販売、3月22日から全国発売となる。20年3月発売の瓶(700ミリリットル・1380円、税別、以下同)と業務用に加えて、販路を拡大する。

350ミリリットルで希望小売価格175円。アルコール度数は7%で、サントリースピリッツが推奨する「翠1:ソーダ4」で配合した。特徴は、原材料にゆず、緑茶、しょうがを使用したことだ。オーソドックスなジンの味わいを形成するボタニカル(植物の種や根、皮などの素材)に加え、和素材のうまみを引き出し、日本人になじみの深い味わいを目指した。実際に飲んでみると、最初にゆずの風味を感じ、その後ジンらしい口当たりにかすかな緑茶のコクが見え隠れする。後味は、辛口のジンジャーエールを思わせるしょうがのさっぱり感が鼻から抜ける。

缶のデザインも爽快感が伝わるよう意識した。透明感あふれるジンソーダのイラストを背景に、商品カラーの青みがかった緑色の帯を際立たせ、筆で書かれたような力強い「翠」という文字を中央に据えて、インパクトを持たせた。

翠ジンソーダ缶のパッケージ。目を引く鮮やかな中身のテイストを背景に、商品カラーの青みがかった緑色の帯が描かれている