ドイツの高級家電ミーレ キッチン新製品はIoT随所に

インテリアのトレンドを踏まえて開発された調理機器
日経クロストレンド

創業122年のドイツの高級家電メーカー、「Miele(ミーレ)」が2020年末から順次発表している最新キッチン家電シリーズ「Generation 7000」。食器洗い機やオーブンを中心に、デザイン性だけでなく利便性を向上させた世界初機能を搭載している。売れ行きが好調という新製品の開発意図に迫る。

庫内カメラの画像が1分ごとにスマホアプリに届き、焼き具合を確認できる

ミーレはドイツの老舗高級家電メーカーだ。製品作りではデザイン性、機能性、耐久性を強みとしている。主要製品は、20年の使用を想定したテストを実施しており、それは開発過程の3割に及ぶという。ドイツでは、洗濯機やオーブンなど1台のミーレ製品を代々継承する家庭も珍しくない。

20年末、ミーレは史上最大規模のローンチとしてビルトイン式のキッチン家電シリーズ「Generation 7000」を発表した(ドイツでは2018~19年に発表)。食器洗い機やオーブンなどフルモデルチェンジした30機種を順次発表する中で「発売以来、日本国内最大の売れ行きを見せている」とミーレ・ジャパン マーケティング部の鈴木健二郎氏は語る。新型コロナウイルス禍で「家時間」が増え、より快適なキッチン環境づくりにミーレ家電への注目が高まっているという。

そんな質実剛健なドイツ家電も、(あらゆるものがネットにつながる)IoTを活用したフードテックの潮流に向き合い始めている。長く使うビルトイン式だけに、これでもかと先端機能を盛り込んでいるわけではない。逆に言えば、本当に使われる機能だけに絞られている。好例が、「Generation 7000」シリーズの中心となるオーブンと食器洗い機だ。

次のページ
リビングで焼き加減を確認できるオーブン