SNSアプリ「PULL」 音楽の好みが近い人とつながるエンターテック

日経エンタテインメント!

SNSによって様々な人と簡単につながることが可能になっている昨今、音楽を軸に新たな人と出会えるのが、2021年8月にリリースされたミュージックSNSアプリの「PULL」です。ユーザー同士のミュージックライブラリーを解析することで、音楽の好みが近い人を発見でき、プレイリストを通してコミュケーションを取れるようになっています。設計・開発に携わったTRIBALCON.の代表取締役・生本訓昭氏に、MTVジャパンやユニバーサルミュージックなどで新規事業開発を担ってきた鈴木貴歩氏が話を聞きました。

【解説】「PULL」とは?
自分に似た音楽感性を持った相手を見つけることが可能
 デジタル領域の開発を行うTRIBALCON.、IP開発と運営などを行うDazed、アプリ開発を行うLebe Inc.の3社で開発した、ミュージックSNSアプリ。音楽の好みが合う人を見つけることができ、マッチングすると、お互いのミュージックライブラリーを参照したプレイリストが自動生成される。また、目の前にいる人とは、Bluetoothを使って、その場でマッチングできるという機能も備える。今後は来夏までに10万件のマッチングを目標としている。なお、現在はiPhoneのみに対応。

――このアプリを開発しようと思った経緯は?

昔に比べて、人を介して新しい音楽に出合うことが減っているなと感じていたからです。私自身も気がつけば、音楽ストリーミングサービスの「トップ100」を聴くことがルーティンとなっています。ただ一昔前までは、クラブでいい曲だと思ったらDJに聞きに行ったり、お気に入りの曲をカセットテープにまとめて友人同士で交換するなど、人に音楽を共有してもらえる機会も多かった。それをデジタルで実現できないかと思ったんです。

――「PULL」は、マッチング機能やレコメンド機能に秀でているのが特徴の1つですね。

「PULL」 タイムラインには、マッチング候補や、マッチングした友達の聴いている音楽やプレイリストなどが表示される

まず「PULL」を起動すると、好きなアーティストといったプロフィール情報をもとに、音楽の好みが近いユーザーがレコメンドされます。そのなかから、マッチングしたい人を選択すると、スマートフォンのミュージックライブラリーを解析し、相手との音楽の相性を0~100%でスコアリングできるようになっています。

この判定には独自のアルゴリズムを採用していて、開発段階では様々な意見を出し合いテストを行いました。例えば、あるアーティストの曲を多く所有する者同士のスコアを上げる案も出たのですが、全体で所有する曲数が違うと、適切なマッチングにはならないといったように。

最終的には、“曲やアーティストへの熱量が近い人同士を結びつけよう”となりました。そこで重要視したのが、特定の曲の再生数と、その再生数のミュージックライブラリーにおける順位です。『A』という曲を100回聴いてそれが全体で4位の人と、『A』を1000回聴き同じく順位が4位の人同士のスコアが高くなるイメージです。

現在は、ミュージックライブラリーを参照できるのが、「Apple Music」に限られているんですが、今後は他の音楽ストリーミングサービスからもデータを取れるようにしていければと考えています。

次のページ
共通のプレイリストを作成
エンタメ!連載記事一覧