最新規格「Thunderbolt 4」 USB4との違いはどこ?USB Type-C あるある落とし穴(3)

複雑怪奇な規格と仕様のUSB Type-C(タイプC)を理解する連載の3回目。今回は最新のデータ通信規格「Thunderbolt 4」を巡る謎を解き明かしていこう。

Q:USB4とThunderbolt 4は同じ?

パソコンのスペック表でType-C端子の欄に「USB4/Thunderbolt 4」と記載されていることがある(図1)。これを見て、「同じ規格で2つの異なる名称がある」と安易に考えるのは誤り。実はUSB4とThunderbolt 4はまったく別の規格であり、データ通信の信号も異なる。

図1 最新パソコンの仕様書では1つのType-C端子に「USB4」と「Thunderbolt 4」が併記されていることが多い。USB4とThunderbolt 4は同じ規格なのかと誤解してしまう人が出てきそうだ

誤解しやすいのは、どちらの規格も同じType-C端子を使うから(図2)。1つのType-C端子がUSB4とThunderbolt 4を兼ねており、接続する機器に応じて規格が自動的に切り替わる。Type-Cで一番ややこしく、勘違いしやすい点がここだ。

図2 USB4とThunderbolt 4は異なる規格だが、どちらもType-C端子を使う。接続した機器に応じて、使用する規格が自動的に切り替わる仕組みだ。USBとして使う場合、3.2などの下位規格とも互換性がある

Thunderboltはアップルとインテルが2011年に発表したデータ通信規格。当初はMac(アップルのパソコン)に搭載されていたが、Thunderbolt 3からはWindows機にも搭載されるようになった。さらにThunderbolt 4はUSBの規格に準拠して開発され、USBとの互換性が向上した。

USB4 Gen 2×2と同3×2、Thunderbolt 4の違いを図3にまとめた。最大転送速度は後2者が40Gbpsで同等だが、映像出力や最大ケーブル長ではThunderbolt 4に軍配が上がる。内蔵用インターフェースのPCIeでAI用のグラフィックスボード(eGPU)などを接続できるのもThunderbolt 4の強みだ。

図3 USB4 Gen 2×2とUSB4 Gen 3×2、そしてThunderbolt 4の違いをまとめた。Thunderbolt 4は最も高性能で、1つの端子に2台のディスプレーを数珠つなぎ(デイジーチェーン)でき、ケーブルの最大長もUSB4の2倍以上。PCIe( PCI Express)にも対応するので、外付けのThunderbolt 4対応グラフィックスボード(eGPU)も使える

両規格は端子の形状も同じなら、使用するケーブルも基本的に同じ(図4)。Thunderbolt 4に対応するケーブルはUSB4でも使えることが多い(ただし一部例外もある)。

図4 ケーブルには、USB4とThunderbolt 4の両方を使える製品が多い。2000円台の製品もあるが、3000~5000円くらいが主流
次のページ
Q:Thunderbolt 3よりも4のほうが速い?