「PC正常性チェック」アプリで確認しよう

そこでマイクロソフトは、パソコンが11に対応しているかどうかを確認できる「PC正常性チェック」というアプリを公開し、ユーザーが自分で11対応をチェックできるようにしている(図5)。

図5 マイクロソフトの公式サイトから、パソコンが11に対応しているかどうかを確認できる「PC正常性チェック」アプリをダウンロードできる

このアプリを使うと、「今すぐチェック」ボタンを押すだけで、そのパソコンが11の要件を満たすかどうかを判定できる(図6図7)。要件を満たさない場合は、何が不足しているかも示されるのでわかりやすい(図8)。

図6 ダウンロードした実行ファイル(左)をダブルクリックして、アプリをインストールする(1)。起動すると、右のような画面が開く。「今すぐチェック」をクリックする(2)
図7 パソコンが11に対応していると、このように表示される。ただし、ドライバーソフトやアプリなど、ソフトウエア面で互換性の問題が生じる可能性はゼロではないので注意
図8 ハードウエア要件を満たさない場合は、上の画面のように表示され、どの要件を満たしていないかが示される。「すべての結果を表示」ボタンを押すと、要件を満たしているものを含め、CPU、メモリーなど個々の判定結果を確認できる(下の画面)

このとき、TPMの問題で「要件を満たしていません」と判定されたのなら、まだ可能性はある。というのも、「TPMは搭載されているが、初期設定で無効になっている」というパソコンもあるからだ。

TPMの設定方法

TPMの設定は、UEFIのセットアップ画面で行う。この画面を表示させる方法はパソコンによって異なるが、多くは電源を押した後、「F2」キーや「Delete」キーを押すことで表示させられる。以前はBIOS(バイオス)と呼ばれていた画面だ。その中の「セキュリティ」の項目に「TPM」や「セキュリティチップ」とあれば、それを有効にしてみよう(図9)。メニュー構成は製品ごとに違うので、操作方法は製品のマニュアルを参照すること。メニューが英語の場合もある。

図9 TPM 2.0を搭載しているものの、標準でオフにされているケースもある。TPMの設定は、電源投入後、ウィンドウズが起動する前に「F2」キーや「Delete」キーで表示するBIOS/UEFIの画面で行う。「TPM」の項目を有効化して保存しよう。図は富士通の「LIFEBOOK UH75」の画面例

TPMを有効にした後、再度「PC正常性チェック」アプリを試し、「要件を満たしています」と表示されれば、11を導入できる可能性が高い。

次のページ
「ホーム」のセットアップはMSアカウントが必須に