ハイエンドから普及機まで 厳選Wi-Fiルーター12機種Wi-Fiルーターを買い替えでネット高速化(3)

最新のWi-Fiルーターの世界を紹介する連載の最終回は、日経PC21編集部が厳選したWi-Fi 6ルーター12製品を紹介しよう。まずは高速・快適性を追求した高性能機6製品から。いずれも価格は2021年11月上旬時点のものだ。

角度調整可能な巨大アンテナを4本搭載

WXR-6000 AX12S(バッファロー)
実売価格:3万8000円前後
最大通信速度:4803Mbps(5GHz帯)/1147Mbps(2.4GHz帯)
●有線LAN:10GBASE-T(WAN)、10GBASE-T×1+1000BASE-T×3(LAN)●サイズ:幅300×奥行き75×高さ195ミリ●重さ:1580グラム●主な機能:IPv6 IPoE、バンドステアリング、160メガヘルツ(MHz)、メッシュ●推奨接続台数:36台

巨大なアンテナを4本搭載。角度を調節することにより、特定の向きの電波を強めることができるという。10GBASE-Tの有線LANポートがWAN側とLAN側の双方にあり、高速回線を生かす。

クアッドコアCPUで並行処理

Aterm WX6000HP(NECプラットフォームズ)
実売価格:3万円前後
最大通信速度:4804Mbps(5GHz帯)/1147Mbps(2.4GHz帯)
●有線LAN:10GBASE-T(WAN/LAN)、1000BASE-T×4(LAN)●サイズ:幅51.5×奥行き215×高さ200ミリ●重さ:900グラム●主な機能:IPv6 IPoE、バンドステアリング、160MHz●推奨接続台数:36台

クアッドコアCPUを搭載し、並行処理による高速通信を訴求する。有線LANの1ポートが10GBASE-Tに対応しており、設定を変更するとWANだけでなくLANとしても利用できる。

独自のメッシュネットワークに準拠

Archer AX4800(ティーピーリンク)
実売価格:1万2000円前後
最大通信速度:4324Mbps(5GHz帯)/574Mbps(2.4GHz帯)
●有線LAN:1000BASE-T(WAN)、1000BASE-T×4(LAN)●サイズ:幅262.2×奥行き144.3×高さ51ミリ●重さ:非公表●主な機能:IPv6 IPoE、160MHz、メッシュ●推奨接続台数:80台

「OneMesh」と呼ぶ独自のメッシュネットワークに準拠しており、対応機器と組み合わせることで遠方に電波を飛ばしやすい。USB端子を搭載。ストレージを接続すると簡易NASとしても利用できる。

推奨接続台数96台のトライバンドルーター

AX11000 Nighthawk AX12(RAX200-100JPS)(ネットギアジャパン)
実売価格:5万4000円前後
最大通信速度:4804Mbps+4804Mbps(5GHz帯)/1147Mbps(2.4GHz帯)
●有線LAN:2.5GBASE-T(WAN/LAN)、1000BASE-T(WAN)、1000BASE-T×4(LAN)●サイズ:幅298×奥行き211×高さ78ミリ●重さ:1433グラム●主な機能:バンドステアリング、トライバンド、160MHz●推奨接続台数:96台

5GHz帯を2つ持つトライバンドルーター。推奨接続台数は96台と多い。WANとLANを切り替えられる2.5GBASE-Tの有線LAN端子を装備。高速回線を生かしやすい。内部に8本のアンテナを内蔵する。

ゲームに最適な通信環境を構築できる

ROG Rapture GT-AX11000(ASUS)
実売価格:5万8000円前後
最大通信速度:4804Mbps+4804Mbps(5GHz帯)/1148Mbps(2.4GHz帯)
●有線LAN:2.5GBASE-T(WAN/LAN)、1000BASE-T(WAN)、1000BASE-T×4(LAN)●サイズ:幅240×奥行き240×高さ60ミリ●重さ:1717グラム●主な機能:バンドステアリング、トライバンド、160MHz、メッシュ●推奨接続台数:36台

2つの5GHz帯を持つトライバンドルーターで、推奨接続台数は36台。うち1つをゲーム専用の帯域として割り当て、ゲームに最適な通信環境を構築できる。表面の照明効果を調整することも可能だ。

トリプルコアCPUで処理待ちの発生軽減

WRC-X5400GS-B(エレコム)
実売価格:1万7000円前後
最大通信速度:4804Mbps(5GHz帯)/574Mbps(2.4GHz帯)
●有線LAN:1000BASE-T(WAN)、1000BASE-T×4(LAN)●サイズ:幅40×奥行き140×高さ207ミリ●重さ:530グラム●主な機能:IPv6 IPoE、バンドステアリング、160MHz●推奨接続台数:40台

1.5GHz動作のトリプルコアCPUを搭載。3コアが複数の処理を同時に実行することで、処理待ちの発生を軽減する。「セキュリティーWi-Fi」という機能を持ち、端末同士の通信を防ぐ。

◇    ◇    ◇

続けてコスパに優れる売れ筋の普及機6製品を紹介する。

次のページ
内蔵アンテナ4本で広範囲に電波が届く