バルミューダ、初のスマホ 強いこだわりで評価二分佐野正弘のモバイル最前線

独自の技術やデザインで、扇風機やトースターなどのヒット製品を連発して人気を集める新興家電メーカーのバルミューダ。そんな同社は2021年5月にスマートフォン市場への参入を発表し、大きな注目を集めていた。

バルミューダは11月16日に製品発表会を開催、満を持して同社初のスマホ「BALMUDA Phone(バルミューダフォン)」を発表した。同社社長兼チーフデザイナーである寺尾玄氏は発表会で「iPhoneがあまりにスタンダードになってしまった」と語ったように、BALMUDA Phoneは均質化が進むスマホ市場に一石を投じる、寺尾氏の強いこだわりが反映された製品となった。

「BALMUDA Phone」を手にするバルミューダの寺尾氏

BALMUDA Phoneはディスプレーサイズが4.9インチと、6インチ台がスタンダードとなりつつあるスマホの中では非常に小さい。寺尾氏がスマホに持ちやすさを求めたためだ。

寺尾氏が開発に当たってさまざまなサイズのボディーを検討したところ、片手で持ったときに最もしっくりくるサイズが4.8インチだった。途中で高速通信規格「5G」に対応する必要が生じたため、部品が入りきらなくなり、結果的に0.1インチ大きくなってしまったというが、それでもコンパクトであることは確かだ。

BALMUDA Phoneのディスプレーサイズは4.9インチと非常にコンパクトで、手に収まるサイズ感が特徴だ

もう1つ、本体で特徴的なのがデザインだ。BALMUDA Phoneは背面に丸みを帯びたデザインを採用しており、手に持ったときにしっかりとフィットする。小型のサイズ感もあいまって、実際に手にするとiPhone 3G時代のスマホを思い出す。

ボディーはすべて曲線で構成されている。背面から見ると全体的に丸みがあることが分かる

寺尾氏は、BALMUDA Phoneは「すべて曲線だけで構成されたデザイン」とも語っており、ボディーだけでなくディスプレーの表示部分まで丸くカーブしているのが特徴的だ。あえて直線を廃することにより、親しみやすさを演出しているようだ。

素材にも強いこだわりがある。背面には少しざらついた質感の素材を用いているが、こちらは長く使い続けることで、革製品などのように味わい深い変化が出る特殊な仕上げが施されている。買い替えサイクルが早いスマホは長期間利用することを想定していないことも多く、スマホの常識にとらわれない発想はバルミューダらしいといえる。

次のページ
基本アプリも独自開発で強いこだわり