サントリーのサステナブルボトル 植物由来原料100%

右が植物由来原料100%使用ペットボトル。左は「サントリー天然水」(植物由来原料30%使用)のボトル
日経クロストレンド

サントリーホールディングスが「植物由来原料100%ペットボトル」の試作に成功した。米バイオ科学ベンチャー企業のアネロテックと共同開発したもので、2021年12月に発表した。ウッドチップを用いたものでは世界初という。サントリーは近年、使用済みペットボトルを再びペットボトルにする水平リサイクル「ボトルtoボトル」に注力している。新たな技術で、こうした取り組みが加速しそうだ。

サントリーは「2030年までに全ペットボトルで石油由来原料の新規使用ゼロ」をうたう。新たな目標として年内に「国内のペットボトルの半数を100%サステナブルボトル化」を掲げた。植物由来原料100%ペットボトルはこうした取り組みの一環。開発で中核的な役割を果たしてきたのが、サントリーホールディングスのグローバル技術部課長、赤沼泰彦氏である。

植物由来原料100%ペットボトルは、生分解性プラスチックではないが、石油由来と全くの同組成。そのため「ボトルtoボトル」の水平リサイクルも問題なくできる。

「炭素測定で、石油由来と植物由来の区別は可能ですが、分子レベルまで同じものです。むろん、容器としての品質、性能も担保されます。開発担当者である私自身でも、石油由来と今回のペットボトルを並べて見分けがつきません(笑)」(赤沼氏、以下同)

ペットボトルは国内では約93%が回収され、そのうち約86%がリサイクルされており、耐熱性や強度に優れた包材だ。赤沼氏がアネロテックの技術に出合ったのは11年。米ニューヨークで出席したバイオテック関連のカンファレンスだったという。第3回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP3、1997年)で「京都議定書」が採択され、2008年から12年までに削減する目標値を定められ、実現の努力が求められていたころだ。

「ボトルtoボトル」の水平リサイクルも問題なくできる。これが実現しているのは2020年で15.7%だ

「2000年代後半、気候変動や環境への意識が高まり、世界中で化石燃料に替わる植物由来プラスチック開発の波が起きました。各社、植物由来原料100%ペットボトルを目指していましたが、理論的に道筋がたっていて基礎研究レベルで成功していても、コストを含めた商業条件を想定すると実用化はかなりの難関でした。カンファレンスで様々な大学や研究所がそうした技術を発表し、その中にアネロテックもいました。彼らの技術に実用化の可能性を感じ、共同開発を進めることにしたのです」

11年当時、赤沼氏はサントリーに在籍しながら、容器包装材と環境について学ぶため米国の大学に留学していた。包材による環境への負荷を減らしたいという思いが、あえて困難な開発に挑む原動力になったという。