生ごみ減らす「トートバッグ風コンポスト」注目高まる

おしゃれなデザインで人気の「LFCコンポスト」。専用バッグと内袋、基材、用土、種が入った「LFCガーデニングセット」は4708円(税込み)。投入期間が1.5〜2カ月の「LFCコンポストセット」は初回専用バッグ付き3278円(税込み)
日経クロストレンド

トートバッグを思わせるスタイリッシュなデザインが印象的な「LFCコンポスト」。サステナブルなライフスタイルに関心の高いミレニアル世代を中心に、じわじわと売り上げを伸ばしているという。2020年12月にはフランスでも発売、21年6月からは川崎市との連携にも乗り出すなど、注目度が高まっている。

20年12月にTBS系『食が変われば地球が変わる』、21年5月にTBS系『あさチャン!』で取り上げられ、そのたびに大きな反響を呼び注文が殺到。長引くコロナ禍で生まれた「おうち時間」で、自炊する人が増えたのは周知のとおり。生ごみに頭を悩ませる人が増えていたところに、テレビやSNS(交流サイト)で見かけたおしゃれな「LFCコンポスト」が刺さったということだろう。自宅のベランダなどに置いて、毎日の生ごみをたい肥に変えることができる。

開発販売しているのは、19年に起業したスタートアップのローカルフードサイクリング(福岡市)。20年1月に販売を始め、これまでにのべ2万人が手に取っている。その開発を手がけた代表のたいら由以子氏は、実は知る人ぞ知るコンポストの達人だ。

そもそもは、父親のがん闘病を機に、無農薬食材の調達に苦労したことがきっかけだった。健康の源、食環境に欠かせない土壌改善に役立つコンポストの普及活動を、母親と二人三脚で始めたのは今から24年以上も前のこと。以来、多いときは年間500本以上、国内外でコンポスト普及の講演に飛び回り、日本やアジア各国で200人以上の後進を育ててきた。

MONO TRENDY連載記事一覧