K-POP盛り上げる2つの力 メタバース&キャラクター男性ダンス&ボーカルグループ最新事情 K-POP編(2)

BT21のSNSフォロワー数は、Twitterが約1030万人、Instagramが約600万人。「LINE FRIENDS FLAGSHIP STORE 原宿」を飾るBT21 (C)BT21
日経エンタテインメント!

新型コロナウイルス禍でワールドツアーや海外でのファンミーティングなど、アーティスト本人の稼働ができない日々が続く昨今。その中でさらに大きく成長しているのが「IP(知的財産権)事業」と「メタバース」の2つの分野だ。

BTSがキャラクターの世界観を語る「BT21 UNIVERSE」は、BT21公式YouTubeチャンネルで配信中 (C)BT21

K-POPのIPで最も知られているのが、2017年にBTSとLINE FRIENDSとのコラボレーションで生まれた「BT21」だろう。「過去にもアーティストが独自のキャラクターを持つことはありましたが、ライブグッズ程度に留まることがほとんど。しかし、BT21は各キャラクターの設定やストーリー作りにBTSのメンバー自身が関わり、さらには、彼ら自身のスケッチから誕生したキャラクター。メンバー自身とキャラクターとのつながりが濃いことからファンにも愛され、今では1キャラクターと認識している人もいるほど一般にも浸透しています」(書籍『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』の著者・田中絵里菜氏、以下同)

BT21としてのYouTubeチャンネルも展開し、アニメーションも配信。その登録者数は現在476万人。数百万再生にのぼるものもあり、BTSと同程度の更新頻度で動画を上げている。アニメの内容はオリジナルストーリーをはじめ、キャラクターのモッパン動画(食事する様子を流す動画)やASMR動画(そしゃく音や寝息など高い質の音声と映像を合わせた動画)など。「ほぼVTuberのような活動も展開しています」

LINE FRIENDSがTREASUREと共に開発したTRUZ。育成型ゲームの要素を取り入れ、メンバー12人が様々なミッションを達成しながら作り上げて、20年12月に誕生した (C)TRUZ

LINE FRIENDSでは、TREASUREとも同様のIP開発を進め、メンバー自身がデザインしたキャラクター「TRUZ(トゥルーズ)」が誕生。現在、LINE FRIENDSの公式YouTubeチャンネルで動画の配信を行っている。

BTSのキャラクターTinyTanは8月から「紅茶花伝」とコラボレーションを実施している。WEB CMやオリジナルグッズのプレゼントキャンペーンを10月16日まで展開 (C)2021 BigHit Music. All Rights Reserved.

BTSは、BT21とは別に20年からメンバー自身をモチーフとした3Dキャラクター「TinyTAN」の展開も始めた。BTSの「第2の自我」が発現してキャラクターになったという設定。

現在、「BT21」も「TinyTAN」も世界中の多くの企業とグローバルライセンス契約を結び、ゲームや玩具、フード、ライフスタイル雑貨などあらゆるアイテムに広がっている。

8月にはJYPエンターテインメントもIP・プラットフォーム事業を手掛ける新会社の設立を発表したばかり。アーティストの人気をベースに生まれる2次・3次ビジネスは今後も大きく成長していきそうだ。

次のページ
アバターでファンと交流
エンタメ!連載記事一覧