コカ・コーラ「ハードセルツァー」日本でも Z世代に

「トポチコ」は125年の歴史を持つメキシコの炭酸水ブランド。ハードセルツァーは2013年に米国で誕生したアルコール飲料のカテゴリーだ
日経クロストレンド

2021年9月20日、海外で人気が拡大しているハードセルツァーのブランドが日本で発売された。コカ・コーラ社が世界20カ国以上で販売している「トポチコ ハードセルツァー」だ。国内ではオリオンビール(沖縄県豊見城市)、サッポロビールに続くハードセルツァー発売となる。

ハードセルツァーとは「アルコール入り」を意味する「ハード」とセルツァー(炭酸水)を組み合わせた名称で、アルコール入り炭酸水のこと。スッキリとした後味に加えてグルテンフリー、低カロリー、低糖質などを特徴とする低アルコール飲料だ。

「トポチコ ハードセルツァー(以下トポチコ)」のアルコール度数は5%。コカ・コーラ・カンパニーのグローバルブランドとしては初のアルコール飲料で、20年9月に南米(ブラジル、メキシコ)で発売されて以降、米国、英国、オーストラリア、フランス、スペインなど世界20カ国以上に展開されている。

21年9月20日に関西エリア(大阪、京都、兵庫、奈良)限定で発売された3種類のフレーバーのうち「アサイーグレープ」は日本オリジナル。すでに海外で販売されている「タンジーレモンライム」「パイナップルツイスト」についても、日本国内向けに味を微調整しているという。また、発売エリアを関西に限定したのは「人口に占める若者の比率が全国平均に近い」という理由から。全国展開については関西エリアでの反応を見ながら検討するとのことだ。

ハードセルツァー、フレーバーアルコール飲料、ロングドリンク・カクテル、微・ノンアルコール、いわゆる低アルコール飲料(ビールを除く)のうち、24年にはハードセルツァーのシェアが44%を占めるまでになるとの予測もある。日本コカ・コーラによれば、米国、英国、オーストラリアなどにおける上記4カテゴリーの新製品は、ハードセルツァーが主流になっているという。

19年は17%だったハードセルツァーのシェアが、24年には44%にまで成長する見通し
MONO TRENDY連載記事一覧