Googleの新スマホ「Pixel 6」 AI活用、新機能充実

グーグルの新しいスマートフォン「Pixel 6」シリーズ

米Google(グーグル)は2021年10月20日、新しいスマートフォン「Pixel 6」シリーズ2機種を発表した。人工知能(AI)関連の機能・性能を大幅に強化した自社開発チップセット「Tensor(テンソル)」を搭載したPixel 6シリーズの特徴を解説する。

画面サイズやカメラが異なる2機種展開

スマホ向け基本ソフト(OS)「Android」を開発するグーグルが提供するオリジナルのスマホ「Pixel」シリーズは、最新のAndroid OSをいち早く利用できることで知られている。加えて最近は、グーグル得意のAI技術をフル活用することで、独自の新機能を提供するスマホとしても注目されるようになってきた。

そのPixelシリーズの最新モデルが「Pixel 6」シリーズ2機種。グーグルは8月ごろから、Androidの最新版「Android 12」を搭載することなどを予告して、正式発表前から話題になっていたが、ついにその全貌が明らかになった。

Pixel 6シリーズのディスプレーは有機ELで、サイズが6.4インチのスタンダードモデル「Pixel 6」と、6.7インチの大画面モデル「Pixel 6 Pro」の2機種がある。両機種とも前面はフロントカメラ部分をくりぬいたパンチホール構造を採用。背面はカメラ部分が黒のバー状になっているデザインが特徴的だ。

Pixel 6シリーズのデザイン上の大きな特徴は、背面のカメラ部分が黒いバー状になっていることだ

ディスプレーサイズ以外にもいくつか違いがある。その1つはカメラだ。Pixel 6のメインカメラは5000万画素・F値1.85の広角カメラと1200万画素・F値2.2の超広角カメラの2眼構成であるのに対し、Pixel 6 Proはそれに加えて4800万画素・F値3.5の望遠カメラを搭載した3眼構成となっている。この望遠カメラは光学ズーム4倍相当の撮影が可能で、デジタルズームと併用すれば最大20倍まで撮影できる。

フロントカメラにも違いがある。Pixel 6は800万画素・F値2.0で画角84度であるのに対し、Pixel 6 Proは1110万画素・F値2.2で画角が94度とより広い。画素数の高さを生かして4K動画撮影にも対応する。前面・背面共に撮影シーンの幅はPixel 6 Proの方が広い。

サイズの違いはバッテリー容量にも表れる。Pixel 6は4614ミリアンペア時(mAh)であるのに対して、Pixel 6 Proは5003mAhと容量が大きくなっている。

それ以外の機能・性能はかなりの部分で共通だ。IP68の防水・防じん性能や、おサイフケータイの「FeliCa(フェリカ)」搭載などは、前モデルから引き継いだ。

次のページ
AIの強化でカメラに新機能