光学ドライブ搭載機は大きく減少

6つめは光学ドライブ。種類はDVDかBlu-ray(BD)の2択になるが、搭載機は以前よりも大幅に減った。今選べるのは国内ブランドのスタンダードノートくらいだ(図11)。そうしたメーカーでも光学ドライブを搭載しないモデルを増やしている(図12)。光学ドライブが必須という人にとっては、今や選択肢が限られている。

図11 「全部入りノート」と呼ばれる、光学ドライブ搭載のスタンダードノート。このジャンルを用意するのは、国内ブランドの数社に減った。光学ドライブの種類は、DVDスーパーマルチか、Blu-rayの2つ。一般的なのは前者で、Blu-rayは上位の一部モデルのみになる
図12 スタンダードノートながら光学ドライブを省いた富士通の「LIFEBOOK TH」シリーズ。光学ドライブがない分、全部入りノートに比べてスリムになった

USBの規格も確認を怠りなく

7つめはインターフェース。現在、USBの最新規格はUSB4/Thunderbolt 4だが、搭載機はまだ少ない。多いのは、USB 3.2のタイプCとタイプAの端子を両方用意した機種だ(図13)。

図13 周辺機器の接続に必要なUSB端子は、従来のタイプAとスマホを中心に主流になりつつあるタイプCがある(左上の写真)。モデルによってはタイプCの端子しかないケースもあるので注意。なおUSBのバージョンは下の表のように分かれ、最大転送速度が変わる。最新はUSB4だが、搭載するモデルは限られる

「手書き入力」を搭載しているかどうか

このほか2in1が増えたことで手書き入力しやすいモデルも登場した。これが8つめのポイントだ。専用のペンを使えば、PDF文書などに手書きで入力できる(図14)。2in1には、ディスプレーが着脱するデタッチャブル型と、1回転するコンバーチブル型の2種類ある。タブレットとして使いやすいのは前者、文字入力もしっかりするなら後者がお薦めだ。

図14 「Surface(サーフェス)」シリーズなどの2in1には、デジタイザーのアクティブペンを使える製品が多い(左上)。PDF文書などに手書きするなら、ペン対応は必須だ。なお2in1には、ディスプレー部が取り外せるデタッチャブル型と、ディスプレーが1回転するコンバーティブル型がある(下)

Wi-Fiは最新規格の「6」が標準に

9つめのポイントはWi-Fi。Wi-Fiは最新規格の「Wi-Fi 6(11ax)」が標準になった(図15)。ただし、モデルによって最大通信速度に差がある。スペック表などでしっかり確認しよう(図15下)。

図15 大多数のモデルが、無線LANの最新規格「Wi-Fi 6」を採用。Wi-Fi 5は低価格モデルに残る程度に。ただし、同じWi-Fi 6対応でも帯域幅の対応の違いから、最大通信速度に差が出る(下)

生体認証は「顔」と「指紋」の2種類

最後のポイントは生体認証。生体認証には、顔認証と指紋認証の2種類がある。搭載しないモデルもあるが、ウィンドウズのサインインなどにも使えるので、搭載機を選んでおくと何かと便利だ(図16)。

図16 OS起動時のサインインに便利な生体認証機能の「Windows Hello(ウィンドウズハロー)」。顔認証と指紋認証の2種類あるが、最近はどちらか1つを搭載するモデルが増えてきた
日経PC21編集部が提案する2021年秋冬モデルの推奨スペック
この秋冬にWindows11搭載の最新パソコンを購入するなら、確実に押さえておきたいスペックを示した。6項目あるが、特に最新世代のCPU、8GB以上のメモリー、256GB以上のSSD(PCIe)の3項目は必須と考えるとよいだろう。
    ※できれば4コアのCore i3-1125G4以上

(ライター 原如宏)

[日経PC21 2021年12月号掲載記事を再構成]