最新Wi-Fiルーター 速度もセキュリティーも大幅UPWi-Fiルーターを買い替えでネット高速化(1)

高速回線を導入しても古いWi-Fiルーターのままでは通信速度が遅く、それが足かせとなってインターネットの速度が遅くなることがある(図1)。もし、インターネットの速度が出ない原因が古いWi-Fiルーターにあると判明したら、買い替えを検討しよう。

図1 Wi-Fiルーターの無線や有線が遅いと、そこが足かせとなり、インターネットの通信速度が遅くなることがある。そのような環境では、最新ルーターを導入することで通信速度を改善できる

Wi-Fi 6ルーターは最新CPU搭載

Wi-Fiの通信速度は、ここ10年で大幅に向上した。10年前に主流だったWi-Fi 4だと、現在の最新規格のWi-Fi 6どころか、それ以前に普及していたWi-Fi 5と比べても大幅に遅い(図2)。Wi-Fi 4ルーターのユーザーは、今すぐ買い替えを検討すべきだろう。

図2 Wi-Fi 4の実効速度はWi-Fi 5に比べて3~4割程度遅い。最新パソコンを購入し高速回線を導入しても、Wi-Fiルーターが足を引っ張ると、十分な速度が出ない

家庭用として売られているWi-Fiルーターは、組み込み機器向けのCPU(中央演算処理装置)を搭載する。パソコンのCPUが進化しているように、組み込み機器向けのCPUも日々進化している。Wi-Fi 6ルーターは最新のCPUを搭載した製品が多く、その分、処理性能も向上している(図3)。

図3 Wi-Fi 6ルーターには、旧世代のルーターより高性能なCPUを搭載している製品が多い。メーカーや販売会社は、その点を前面に打ち出している。画面はティーピーリンクのページ

Wi-Fiルーターは、1つのネット回線を複数の機器に割り振る役割を担う(図4)。Wi-FiルーターのCPUは、通信の変換やWi-Fiの制御、各種付加機能の実行などをこなす。接続台数が増えたり、付加機能を実行したりするとCPUの負荷が増える。CPUの処理性能が低いとそこで処理待ちが発生し、ネットの通信速度が落ちやすい。それに対してCPUの性能が高いと、これらを迅速に処理できるのでネットの通信速度が向上する。

図4 Wi-Fiルーターは、1つのネット回線を複数の機器に分配する役割を持つ。Wi-FiルーターのCPUの性能が高いと、IPアドレスの変換処理などに余裕が生まれ、その分通過速度(スループット)が大きくなる

セキュリティー面でも、新しいWi-Fiルーターのほうが安心だ。Wi-Fiルーターはファイアウオール機能を備えており、悪意のある通信を防ぐ。ファイアウオール機能は、既存のサイバー攻撃情報を基に特定の通信を塞ぐ。Wi-Fiルーターが古いとファイアウオール機能が持つ情報も古く、最新の攻撃を防げない。さらに、古いWi-Fiルーターだと脆弱性を突かれ、悪意のある通信や攻撃の踏み台にされることもある。最新のWi-Fiルーターであればファームウエアのアップデートが提供されるので、脆弱性を塞ぐことができる。

ただし、古いWi-Fiルーターではファームウエアが提供されず脆弱性を放置したままであることも多い。上記の理由から、古いWi-Fiルーターの利用をなるべく避けるように警告するメーカーもある(図5)。

図5 最新のWi-Fiルーターは、サイバー攻撃の最新情報を基にして悪意のある通信や攻撃を遮断する。しかし、古いWi-Fiルーターは本体の情報が古いので防げない通信や攻撃もある。また、ファームウエアの脆弱性を突かれ悪意のある通信や攻撃の踏み台にされることもある。古いWi-Fiルーターを使い続けるのはリスクを伴う
次のページ
売れ筋は1万円前後