デサントの斬新ウエア 3つのパーツ組み合わせ1着に

デサントが立ち上げた新ブランド「DESCENTE CONNECT」のウエアはユニット構造が特徴。アパレル業界に革命を起こせるか
日経クロストレンド

スポーツウエア大手のデサントが2021年8月に立ち上げた「DESCENTE CONNECT(デサント・コネクト)」は、3つのユニットに分離するウエアを特徴とする新ブランドだ。同社では、新型コロナウイルス禍で「人とのつながり」が希薄になるなか、新しい衣服の在り方を提案するブランドと位置付けている。

ユニットの組み合わせで多彩な着こなしを訴求

「DESCENTE CONNECT」は「センター(襟から前身ごろにかけての部分)」「ショルダー(両肩から袖の上半分にかけての部分)」「ランバー(後ろ身ごろから胴体にかけての部分)」の3つのユニットで構成されるウエア。各部はファスナーで接合されており、簡単に着脱できる。

なぜ、このような変わったウエアを考案したのか。DESCENTE CONNECTのデザインディレクター・近藤敏雄氏によれば「開発を始めたのは1年半ほど前。コロナ禍で人と会うことが難しくなったなか、ウエアメーカーとして『着る』以外の価値、『人とのつながり』をウエアで提供したいと考えた」とのこと。例えば、色違いのDESCENTE CONNECTを持っている友達とユニットを交換する、外出中に子どもが寒そうにしていたらセンターユニットを取り外して着せてあげるというイメージだ。「ユニットを交換する楽しみ、ワクワク感を付加価値とした」(近藤氏)

センターユニット
ショルダーユニット(上)、ランバーユニット(下)

アパレル業界には、大量生産した商品が売れ残り、次のシーズン前に多くの廃棄が発生するという長年の課題がある。DESCENTE CONNECTの仕組みを利用して消費者が必要なユニットごとに購入するようになれば、メーカーはその需要を読み取り、廃棄を減らせる可能性がある。DESCENTE CONNECTは環境問題にも配慮したウエアとなり得るわけだ。

各ユニットの形状は共通しているので、同サイズのウエアならユニット同士を交換することができる。例えば、DESCENTE CONNECTのダウンジャケットとライトジャケットを持っている場合、それぞれのユニットを入れ替えることで8通りの組み合わせが可能になる。「通気性や保温性、防水性といった機能も変化するので、スキーに登山にジョギングにと、利用シーンに応じた着回しが可能になる」とデサント R&Dユニット 機能・企画開発部 製品開発課の江口ちひろ課長は話す。

従来のウエアは完成品を販売するものだったが、DESCENTE CONNECTではウエアの完成形を消費者が決めてユニットを購入することを目指している。DESCENTE CONNECTは、アパレルにおける消費スタイルの転換を提案するウエアでもあるのだ。

第1弾はデサントの象徴、水沢ダウン

DESCENTE CONNECTの第1弾に選ばれたのは、08年発売の「水沢ダウンジャケット(以下、水沢ダウン)」をユニット構造に再構築した「C01 MOUNTAINEER(マウンテニア)」。水沢ダウンは同社のフラッグシップという位置付けのダウンジャケット。10年のバンクーバー冬季五輪に向けて開発され、高い保温性と耐水性を誇る。ちなみに「水沢」の名称は、水沢ダウンを製造しているデサントアパレル水沢工場(岩手県奥州市)から取ったものだ。

「水沢ダウンは、従来のダウンジャケットからステッチ(針穴)をなくし、水に弱いというダウンジャケットの既成概念を破壊するものだった。既成概念を壊すという点でDESCENTE CONNECTのコンセプトと共通する」と江口課長。DESCENTE CONNECTの第1弾として水沢ダウンを選ぶことに「迷いはなかった」と言う。

「ユニット構造のためファスナーを多用しているが、十分な耐水性は保っている」と話すのは、クリエイティブ/デザインディレクターを担当した山田満氏。「外を歩いているときは快適だったウエアが、電車内では暑いと感じたら、ユニットを取り外して保温性を下げるといった使い方ができるのはユニット構造ならでは」(山田氏)

またパタンナーの神尾正史氏は「ファスナーを多く配置しすぎると着心地が悪くなる。最小限のファスナーで着心地とのバランスを取った」と、ウエアを3分割にした理由を説明する。

ユニット同士を正しく接合できるよう、ファスナーの先端を色分けする工夫も見られる
ユニット同士はファスナーで接合する
次のページ
DESCENTE CONNECTが思い描く未来とは
MONO TRENDY連載記事一覧