実際に、Wi-Fi 5(2ストリーム)とWi-Fi 4(2または1ストリーム)のインターネットの通信速度を計測してみた。パソコンをWi-Fiルーターのすぐ近くに置いたときはいずれも十分な通信速度を確保できた。しかし、約7メートル離れた部屋ではWi-Fi 4(1ストリーム)の通信速度が目立って低下した。この実験よりさらに通信環境が悪くなると、4K動画やビデオ会議で使うのは厳しい(図5)。

図5 最大100Mbpsの光回線サービスを利用するマンションで、Wi-Fiルーターのすぐ近くと約7メートル離れた部屋にパソコンを置いて、ネットからの通信速度を計測した。Wi-Fi 5は離れた部屋でも高速だったが、Wi-Fi 4の1ストリームではかなり通信速度が落ちた

家庭内にある複数のパソコンでファイルをやり取りした実験でも差が出た。Wi-Fi 5と比べるとWi-Fi 4の通信速度は半分以下と、その差は歴然だった(図6)。

図6 家庭内LANを組み、パソコン間でファイルをやり取りする際のスピードも、Wi-Fiの規格によって差が出る。スムーズにファイルをやり取りしたいなら、Wi-Fi 5以上がお薦めだ。Wi-Fiルーターのすぐ近くにノートパソコンを置いてWi-Fiで接続。もう1台のパソコンをWi-FiルーターとLANケーブルで接続。「LAN Speed Test」(Totusoft)で前者から後者にアクセスしたときの読み取りの平均速度を計測した

Wi-Fi 4のSU-MIMOは子機が増えると厳しい

Wi-Fi 4では多くの子機をつなげると、通信速度が低下する(図7)。Wi-Fi 4は「SU-MIMO」(エスユー・マイモ)にしか対応していないからだ。

図7 近年、家庭でWi-Fiルーターにつなげる子機が増えてきた。Wi-Fi4では接続する子機が増えると、通信速度が低下する可能性がある

MIMOとは複数のアンテナを使って通信をする技術のこと。SU-MIMOでは、複数のアンテナを使って1つの子機と同時通信し、高速化を図っている。しかし、複数の子機をつなげたとき、異なる機器との同時通信はできない。順番に通信するため、子機が増えると通信速度が低下する(図8)。

図8 Wi-Fi 4より前は、アンテナが1つだけ。このため、複数の子機が接続していても実際には順番に通信する。Wi-Fi 4は複数のアンテナを搭載可能で、1つの子機と複数アンテナで同時通信できる。しかし、異なる機器との同時通信はできないので、子機が増えると通信速度が低下する

こうした実情を考えると、Wi-Fi 4はもはや「お役御免」と考えたほうがよさそうだ。

(ライター 岡野幸治)

[日経PC21 2022年1月掲載記事を再構成]