ピント調整は手動だが台形補正は自動

画面のピントは本体側面のフォーカスダイヤルで調整する。本体が傾いて画面が台形で表示されても、補正機能の働きによって自動で長方形に切り替えてくれる(図5)。

図5 画面のピントは本体側面のフォーカスダイヤルで調整する。画面の台形補正は自動で行われる。補正の精度は高く手間はかからない

画面は最大120型まで投映できる。ただし、それにはプロジェクターを壁から3.2メートル離す必要があるので、狭い部屋では距離を取れないかもしれない。それでも、1メートルで40型、2メートルで80型の画面を投映でき、大迫力の映像を十分に楽しめた(図6)。

図6 スクリーンから1メートルの距離で40型程度の大きさ、2メートルで80型程度の大きさで投映できる。画面を大きく映すには、ある程度、スクリーンからの距離が必要だ。3.2メートルで最大120型まで投映可能。画質は彩度や輝度が高く、鮮やかではっきりとした色で描画されるため、写真の閲覧や映画鑑賞に向く

投映画面はきめ細かくて見やすい。彩度や輝度が高く、明るい部屋でも色鮮やかに映像が投映される。特に赤の発色が良いのか、紅葉や赤い車の色合いに深みが感じられた。

画面入力はHDMI端子以外に、MiracastやAirPlayなど無線の映像入力規格にも対応する。ケーブルの接続が不要で、スマホの基本機能から接続できるので、アプリを入れる手間もない(図7)。

図7 MiracastとAirPlayに対応しており、スマホの画面を無線経由で投映できる。ホーム画面から簡単に切り替えられるので、スマホを接続しやすい
次のページ
Androidアプリも動作