有森裕子 衝撃受けた新星、求められる「雑草的な力」

2021 U20日本陸上競技選手権大会 女子5000メートル決勝を走る不破聖衣来選手(写真:松尾/アフロスポーツ)
日経Gooday(グッデイ)

2022年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年も元旦のニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝競走大会)から始まり、2日、3日には箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)が開催され、にぎやかな幕開けとなりました。

箱根駅伝は青山学院大学が10時間43分42秒の大会新記録を叩き出し、2年ぶり6回目の総合優勝を果たしました。選手たちの攻めに徹したパワフルな走りとチームワーク、そして原晋監督の采配による圧勝という結果に、青学の底力を見せてもらい、お正月から清々しい気持ちになりました。3区と5区では1年生も大活躍した若手が多いチームなので、来年も楽しみです。青学のみならず、力走した選手たちの勢いが、1月から3月にかけて目白押しのマラソン大会や駅伝に参加するランナーたちにも良い影響を及ぼしてほしいと思います。

外国人選手に見劣りしない走りに度肝を抜かれる

今年の箱根駅伝でも力走していた順天堂大学の三浦龍司選手は、東京五輪陸上競技男子3000メートル障害で日本人初の7位入賞を果たした選手です。三浦選手だけでなく、2024年のパリ五輪や2028年のロサンゼルス五輪での活躍を期待したくなる学生選手が、続々と台頭してきています。

中でも陸上ファンや関係者に強烈なインパクトを与えたのは、2021年10月31日の全日本大学女子駅伝5区で、従来の記録を1分14秒も更新する衝撃的な走りを見せてくれた、拓殖大学の不破聖衣来選手ではないでしょうか。彼女は大学1年生にして日本インカレ(日本学生陸上競技対校選手権大会)5000メートルの覇者でもある、陸上女子長距離界のホープです。

私が実際に彼女の走りを見たのは、日本陸上競技連盟の副会長として足を運んだ、2021年11月14日の東日本女子駅伝[注1]でした。この大会では群馬が2時間17分10秒で優勝を飾りましたが、その最終9区で、トップと38秒差の3位でタスキを受け取り、宮城や千葉を抜き去って区間賞を獲得したのが不破選手でした。

[注1]東日本女子駅伝:東日本18都道県の代表選抜チームが出場する女子の駅伝大会で、毎年11月に福島県で開催される。中学生から社会人までの女子選手が参加できる。

不破選手は前評判でも有力選手だと注目されていましたが、彼女の走りを実際に見て、予想以上の圧倒的なスピードや、他の選手とは別格のランニングフォームに私も度肝を抜かれました。

というのも、これまでずっと私の中には「日本人女子の長距離選手の走り方はこういうもの」という漠然としたイメージがあったのですが、不破選手のフォームやスピードは、そうした固定観念を見事に覆すものだったからです。不破選手の走りは、外国人選手かと思わせるような腰高なフォームから繰り出される大きなストライドと、素早い脚の引き付けによるリズム感あるピッチが特徴です。何よりも彼女のラストスパートには驚きました。長距離を走った後とは思えないほどの速さでグングン伸びていき、心肺能力の高さがうかがえる異次元の走りでした。

次のページ
学生アスリートが世界の舞台で活躍するために必要なも