地上波でオーディション番組増加 視聴率以外の理由は

日経エンタテインメント!

オーディション番組が人気を集めている。最近では朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)内で放送された『THE FIRST』出身のBE:FIRSTがデビュー前から話題になった。さらにこの10月からは、2つの注目のオーディション番組が始まった。

『~夢のオーディションバラエティー~Dreamer Z』 “Z世代”に夢と希望を与え、未来のスターを発掘することを狙うオーディション番組。LDH JAPAN史上最大規模のオーディション「iCON Z」の審査員として、総合プロデューサーEXILE HIROなどが出演(テレビ東京/日曜21時/放送中)

テレビ東京では日曜午後9時の枠で『~夢のオーディションバラエティー~Dreamer Z』が放送開始。同枠は、モーニング娘。などが生まれたオーディション番組『ASAYAN』が放送されていた時間帯。今回はLDH JAPANが実施する史上最大規模のオーディション「iCON Z」に独占密着するほか「TikTok弾き語りシンガー ドラマ主題歌オーディション」や「人生で一度くらいドラマの主役をやってみたい人オーディション」なども実施。番組内で、複数のオーディションの過程を見せていく作りだ。

「タイトルにもある通り、Z世代を強く意識した。今の時代、若い彼らが夢を追いかけて精いっぱい頑張る姿を放送することで、その熱意が同世代を感動させるだけでなく、上の世代にも伝わり、世代間ギャップを埋めることにもなる」と同番組プロデューサーでテレビ東京制作局クリエイティブビジネス制作チーム部長の伊藤隆行氏は話す。MCに木梨憲武さんを起用したのも世代を超えて楽しんでもらう狙いがあるという。

外部のパートナーと組んでいるのも同番組の特徴。「TikTok弾き語りシンガー ドラマ主題歌オーディション」ではTikTokと組み、20秒動画を使って募集を行った。そこで選抜されてスタジオに呼ばれた候補者は、再びステージで45秒の演奏から審査が始まるという仕掛けだ。

さらに外部だけでなく、“内部”とも連携。弾き語りシンガーオーディションとドラマの主役オーディションの優勝者はそれぞれ、ドラマ主題歌担当と深夜ドラマ主演の機会が与えられる。局内のバラエティーチームとドラマチームがタッグを組んでいる形だ。今後も例えばスポーツ分野など、多様なオーディションを実施する予定だ。

エンタメ!連載記事一覧