答えと解説

正解は、(2)生活習慣や環境による影響が大きい です。

近年、老化研究が進み、老化の要因や老化を制御する方法について、いろいろなことが分かってきました。

老化研究の最前線で活躍する慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室特任講師の早野元詞さんは、「誰でも毎年1歳ずつ年をとり、加齢は避けられませんが、老化が進むスピードには個人差があります。最新の老化研究により、その進行スピードを緩やかにして老化現象を抑えつつ年をとることが、近い将来、可能になるかもしれません」と話します。

早野さんは、慶應義塾大学医学部で老化の原因解明と治療法の開発を行い、健康寿命を延ばすプロダクティブエイジング[注1]の社会実装を目指す研究者の一人です。米ハーバード大学医学大学院のデビッド・シンクレア教授(遺伝学)の研究室で老化研究に取り組んだ経験も持ちます。シンクレア教授は、老化や若返りの方法に関する研究についてまとめた世界的なベストセラー『LIFESPAN(ライフスパン) 老いなき世界』の著者で、「老化は治療できる病」であり「健康なまま120歳まで生きられる時代が近づいている」と説く著名な研究者です。

早野さんも言及するように、海外では、老化が進むスピードには個人差があることを示す興味深い研究が行われています。そのうちの一つの研究[注2]では、ニュージーランドの約950人を26歳から12年間追跡調査し、38歳時点の生物学的年齢を比較しました。生物学的年齢の判定材料としたのは、体の代謝能力を表す血糖値に関わる指標であるHbA1c、心肺持久力、腎機能を示す数値など18の指標です。すると、実年齢が同じ38歳でも、生物学的年齢は、実際より若い28歳から老化が進んだ61歳まで33年もの差があったといいます。

生物学的年齢が高い人は、握力や脚の筋力が低下し、認知機能の低下も始まっていました。もともと慢性疾患はなく、まだ老化を意識することが少ないと見られる38歳の時点で、生物学的年齢にこれだけの差があるというのは驚くべき事実です。

(原画=123RF)

[注1]米国の老年学者ロバート・N・バトラー博士による造語で、死ぬ直前まで健康を保って人生を楽しみ、生産性を維持し社会に貢献し続けながら年を重ねること

[注2]PNAS. 2015 Jul 28;112(30):E4104-10

次のページ
老けている人は、体の中も老化している可能性あり