コスパ優秀なディスプレー フルHDでウェブカメラ搭載

マウスコンピューターの「iiyama ProLite XUB2490HSUC」はウェブカメラを備える、安価な23.8型のディスプレー。ウェブカメラを使わないときは取り外せるので、セキュリティー面でも優れている(図1)。映像入力端子を3つも備えており、複数の機器を接続しやすい(図2)。

図1 「iiyama ProLite XUB2490HSUC」(マウスコンピューター)は、23.8型のディスプレー。上部に取り外しできる高画質ウェブカメラを搭載する
iiyama ProLite XUB2490HSUC(マウスコンピューター)
直販価格:2万9800円
●画面サイズ:23.8型●最大解像度:1920×1080ドット●パネル種類:IPS(非光沢)●コントラスト比:1000:1(標準)●輝度:250カンデラ毎平方(標準)●応答速度:4ミリ秒(中間色)●映像入力:DisplayPort、HDMI、アナログRGB●その他機能:USB 2.0ハブ●スピーカー:2ワット×2●サイズ:幅540×奥行き210×高さ405.5~535.5ミリ●ウェブカメラ解像度/フレームレート:1920×1080ドット(1080p)/30フレーム/秒●カメラ画角:75度
図2 映像入力端子はDisplayPort、HDMI、アナログRGBの3つもあり、前面のボタンで切り替えられる。側面のUSB端子は奥深いところにあり、ケーブルやUSBメモリーを挿しても邪魔にならないのが良い

ディスプレーの発色は、赤色が映えてかなり良い。写真や動画の編集用途にも利用できそうだ(図3)。応答速度は4ミリ秒と決して速くはないが、残像がほとんど確認できなかったため、動きの速い動画の再生にも利用できそうだ。また、視野角が広く、見る角度を変えても色の変化がほとんどない。横からのぞき込むような使い方でも問題ないだろう(図4)。横幅は540ミリで、一般的な24型ディスプレーより1~3センチほど小さく感じる。画面の縁が薄いので、小さい本体の割には画面が大きい印象を受けた(図5)。

図3 IPSパネルを採用しており、発色が良い。特に標準設定では赤味のある画面で赤色が鮮明に映り、黒色がはっきりと描写されていた。また、動きが激しい動画を再生したときに、残像はほとんど感じなかった
図4 視野角は上下左右178度もあり広い。ほぼ真横から見ても画面を確認できるので、複数人で画面を囲うことが多い会議室でも使いやすい
図5 本体の幅は540ミリだが、画面の幅は527ミリもある。本体が小さい割に、画面が大きい印象を受ける。縁は片側7ミリ以下と狭いため、複数のディスプレーを並べる環境でも縁が邪魔になりにくい
次のページ
ウェブカメラは取り外し可能