失明につながる「緑内障」 早期発見に必要なことは?

日経Gooday

日経Gooday(グッデイ)

この記事では、今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日からのセルフケアにお役立てください!

【問題】緑内障は視野の見えない部分が広がっていき、放置すると失明につながることもある目の病気です。この病気に関する説明で、間違っているのは次のうちどれでしょう。
(1)日本人の中途失明原因の第1位である
(2)かなり視野が欠けても気づかないことも多い
(3)40代以降で増えてくる
(4)眼内レンズを挿入する手術を行うのが一般的
(5)早期発見には「視力検査」が特に大事
答えは次ページ
次のページ
答えと解説