マイクロソフトの新型Surface 画面大型化、CPU刷新

日経PC21

マイクロソフトは、Windows 11の提供開始に合わせ新しい「Surface(サーフェス)」4モデルを発表した。タブレット型の本体に別売りのキーボードを付ければ、ノートパソコンのように使える2in1パソコンだ。今回は、そのなかから主力商品の「Surface Pro 8」を紹介する。

本体サイズはほとんどそのままに、画面を従来の12.3型から13型に大型化(図1)。CPU(中央演算処理装置)は、インテルの第10世代のCoreプロセッサーを第11世代に変えて、性能を高めている。CPUの種類、メモリーやSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)の容量の違いから8種類を販売する(図2)。

図1 従来モデルに比べディスプレーが大きくなり、Thunderbolt 4端子も追加された。また、オプションのタイプカバーやペンが一新されている。直販価格は14万8280円~32万5380円
Surface Pro 8(マイクロソフト)
●CPU:Core i5-1135G7またはCore i7-1185G7●メモリー:8GB、16GB、32GB●ストレージ:128GB、256GB、512GB、1TBのSSD●ディスプレー:13型(タッチ対応)、2880×1920ドット●サイズ:幅287×奥行き208×厚さ9.3ミリ●重さ:891グラム●通信機能:Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1●バッテリー駆動時間:16時間●主なインターフェース:Thunderbolt 4×2、オーディオ入出力、Surface Connectポート、Surfaceタイプカバーポート●センサー:加速度計、ジャイロスコープ、磁力計、光センサー●OS:Windows 11 Home●オフィス: Office Home & Business 2021
図2 CPU、メモリー、SSDの構成の違いで合計8モデルをラインアップ。それ以外の仕様はすべて共通

電源ボタンやヘッドホン/マイク端子、「Surface Connectポート」などを側面に備えるのは、従来機種と同じだ。USB端子はUSB4と互換性があるThunderbolt 4に切り替えた。USB接続の周辺機器に加え、外付けグラフィックスボードやSSDなど、高速データ転送を必要とする機器も接続できる。十分間隔を空けて2つの端子を配置しているので、複数の機器を同時に使いやすい(図3)。

図3 USB4を兼ねたThunderbolt 4端子を、右側に2個搭載する。右側には「Surface Connectポート」と呼ぶ独自端子も備えており、充電や拡張ドックとの接続に使う

画面比率は3対2で、一般的なパソコンが採用する16対9の画面よりも少し縦長だ。解像度は2880×1920ドットで、文字や写真を精細に映す。リフレッシュレートは120ヘルツ(Hz)で倍になり、スクロールやアニメーションが滑らかに動く(図4)。

図4 「PixelSense Flow タッチ ディスプレイ」と呼ぶ13型のタッチ対応ディスプレーを搭載する。解像度は2880×1920ドットで高精細。リフレッシュレートは最大で120ヘルツと高いため、画面のスクロールやアニメーションが滑らかに動く。色の彩度が高く鮮やか