カネカ食品が冷凍パン通販 全国28店からお取り寄せ

「ぱん結び」では全国の人気ベーカリーのパンを購入できる
日経クロストレンド

カネカ食品(東京・新宿)は2021年10月20日、全国のベーカリーとパン好きな消費者をつなぐモール型電子商取引(EC)サイト「ぱん結び」を開設した。同サイトには、北海道から九州まで28店舗のベーカリーが出店しており、購入者には指定した冷凍パンがクール宅急便で届けられる。

カネカ食品は「カガクでネガイをカナエル会社」のキャッチフレーズで知られる化学メーカー・カネカのグループ企業。原材料の供給も商品の販売も地域で完結するケースが多いパン業界で、全国のベーカリーなどにパンの原材料や関連機材などを提供するのがカネカ食品の事業の一つだ。「ぱん結び」は全国のベーカリーにネットワークを持つ同社だから実現した取り組みといえる。

カネカ食品販売促進統括部長の久下豊弘氏は「長引くコロナ禍でベーカリーの意識が『(ECを)いつか始めたい』から『いよいよ本格的に始めなければいけない』に変わってきた」と話す。そんな危機感を抱いているベーカリーを支援するのがぱん結びというわけだ。

とはいえカネカ食品は、冷凍パンの通信販売としては後発になる。全国3000社以上のホテルやレストランで採用されている冷凍パンのスタイルブレッド(群馬県桐生市)が市販向けに展開する「Pan&(パンド)」や、廃棄ロスになりそうなパンを冷凍して販売しているクアッガ(東京・中野)の「rebake(リベイク)」、パンフォーユー(群馬県桐生市)による冷凍パンのサブスクリプションサービス「パンスク」など、冷凍パンを提供する通販サービスは少なくない。また個人店が「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」などのショッピングサイトに出品する方法もある。

MONO TRENDY連載記事一覧