魔法の「IoTフライパン」 火加減まで丸投げでプロの味

日経クロストレンド

ヘスタンキューは、IHヒーターと調理家電、レシピの3つが連動する新しい調理システムブランドだ
日経クロストレンド

アプリ内で好きなメニューを選択、下ごしらえの手順は動画で確認、フライパンに食材を入れると自動で温度を調整してくれ、あとは待つだけで料理が完成する――。

全工程を家電やロボットに任せるのではなく、料理の楽しさを味わいながら「プロの味」を実現できるのが、米ヘスタンスマートクッキングの調理システムブランド「ヘスタンキュー」だ。

ヘスタンスマートクッキングは、2015年に設立された米国カリフォルニアを拠点とするスタートアップ企業。IHヒーターとフライパンなどの調理家電と専用アプリがBluetoothにより連動することで、火加減や加熱時間の自動制御を可能にした新しい調理システムを提供する。フライパンとIHヒーターにはセンサーが内蔵されており、選択したレシピの工程ごとに最適な温度で調理する。アプリと調理家電を連動させたものは他社製品でも存在するが、IHヒーターを含めた3点を連動させたものはなかなかない。

IoTフライパンをテスト、その実力は?

使い方は至って簡単だ。まず、アプリ内でメニューを選択し調理開始を押すと、「パプリカをさいの目切りする」といった手順と、その工程動画が流れる。自分が準備できた段階で「次の手順へ」を選択すると、また次の工程の動画が流れる。こうして調理の下ごしらえを進めていく。

下ごしらえが終われば、いよいよIHヒーターとフライパンの出番だ。アプリの案内に沿って、IHヒーターにフライパンを置き、電源を入れると37~260度の間で調理温度が自動調節される。アプリではリアルタイムにフライパンの温度が表示されており、適切なタイミングで食材を入れる指示が出されるから迷うことはない。

食材を入れた後も適切な温度に自動調節してくれ、アプリ上では加熱に必要な時間と、炒めるといった調理中に必要な操作が表示される。アプリ内で調理工程が終わると自動で電源がオフとなる。あとは皿に盛り付ければ、おいしい料理が完成だ。

特に調理温度の調節が難しいステーキや魚を焼く際は、あらかじめ食材の厚さを測定してアプリに入力することで、レアやミディアムなど好みの焼き加減に仕上げてくれる。

付属のものさしで厚さを測った後、焼く工程に入る。厚さによって調理時間や加熱具合が自動で調整される

日本の輸入代理店であるFelicidad(フェリシダ、東京・目黒)代表取締役の上野雄太郎氏は、「現状日本にある(あらゆるモノがネットにつながる)IoTの調理家電は、ほったらかして時短になるものが多い。ヘスタンキューは調理の手間を楽しみながら、プロの味を再現できる。調理を学ぶという側面も持っている」と話す。

レシピでは分かりづらい火加減を任せられるため、レシピの再現性が高まり、調理に失敗することもほぼないだろう。動画というお手本があり、調理工程が細かに記してあるので、自宅にいながら料理教室のような体験ができるのが特徴だ。

実際ポークチョップを作ってみると、外はカリッと中はしっとりとした焼き具合にできた。表面を焼いているときは放置、裏面に返してからはアプリの指示に従って肉汁と油をかけていただけ。スイートアップル&オニオンソースという初めて聞いた名前のソースも、何の迷いもなく作ることができた。文字ベースのレシピでは「乱切り」「いちょう切り」といった切り方が指定されており、調理初心者には分かりづらい面もある。動画を見れば切り方が一目で分かるので、特に調べる必要もない。

豚肉を焼いている様子。動画を見ながら肉に油をかけた。常温で置くといった工程がなくとも、中までしっかり火が通った
左から「骨なしポークチョップ w/スイートアップル&オニオンソース」「パンツァネッラサラダ」。動画を見ながら1つずつこなしていくことで、失敗なく味付けも火加減もばっちりだった

 外国料理のレシピが豊富なので、新しい料理との出合いも多い。食材名や料理名の他、調理時間が短いもの、人気なもの、有名シェフの紹介といったカテゴリーでも検索できる。

次のページ
レシピ数は400以上、日本向け料理も用意