折り畳みスマホ「Surface Duo 2」 2画面の威力を検証

マイクロソフトの折り畳み式2画面スマホ「Surface Duo 2」。ペンはオプション
日経クロストレンド

日本マイクロソフトが2022年1月に発売した「Surface Duo 2」は、ディスプレーを2つ備えた2画面スマホだ。手帳のように折り畳め、広げれば2画面合わせてタブレットのように使える。5G対応で高い処理性能を持ち、OS(基本ソフト)には米グーグルのAndroidを搭載。このスマホはどんなユーザーに向いているのか、チェックしてみた。

2画面で作業効率アップ

Surface Duo 2は、5.8型の有機ELディスプレーを2つ搭載している。中央のヒンジで手帳のように折り畳める機構を備え、画面を折り畳むと5.8型のスマホに、広げると2画面合わせて8.3型のデジタル手帳のようになる。この機構を生かして、コンバーティブルタイプの2イン1パソコンのようにさまざまなスタイルで利用できるのが特徴だ。指でのタッチ操作の他、オプションの「Surface スリムペン2」を使ったペン入力もできる。

手帳のように折り畳める機構を備える。片手で持つときは、文庫本を持つようにヒンジ部分に指をかけると持ちやすい
閉じると文庫本サイズになる。オプションのSurface スリムペン2は、マグネットで本体に取り付けられる

画面を開くと、2つの画面を合わせてタブレットのようにアプリを大きく見やすく表示できる。普通のスマホでは表示が細かくて見づらいパソコン用のWebサイトも、これなら見やすいサイズで表示できる。ヒンジの動きは滑らかで、狙った位置でぴたりと止められる。

Outlookのカレンダーを2つの画面にまたがって表示した。1カ月分のスケジュールを一覧できる。2画面合わせたときの比率は3:2で、横向きでも縦向きでも使いやすい
縦向きに持ち、WebブラウザーのChrome(クローム)で日経クロストレンドのパソコン向けサイトを表示してみた。画面サイズが8.3型になるので、スマホでは見づらいパソコン向けサイトも見やすい

1つのアプリの機能を2画面に分けて表示すると、作業効率のアップにつながる。例えばメールアプリなら、1つの画面にメール一覧、もう1つの画面にメール入力画面を表示できる。1画面しかないスマホより情報の一覧性が高いので、メールを探しやすいし、入力画面も広くなるので使い勝手が高まる。

左の画面にメール一覧、右の画面にメール作成画面を表示してみた。1画面しかないスマホで表示を切り替えながら作業するより効率的でストレスがない

このとき横向きにして、1つの画面にワープロや表計算アプリを表示し、もう1つの画面にキーボードを表示すると、小型ノートパソコンのようなスタイルで書類作成ができる。

横向きにして、上の画面にワードの入力画面を、下の画面に入力用のキーボードを表示してみた。小型ノートパソコンのような感覚で入力できる
次のページ
マルチタスクで、ながら作業が快適に