有森裕子 マラソン大会もリアルとオンライン併用時代

スペシャルオリンピックス日本では、昨年好評だったオンラインマラソンを今年も実施中です。(写真提供:スペシャルオリンピックス日本)
日経Gooday(グッデイ)

木々の葉が少しずつ色づき、気持ちの良い季節になりました。全国で緊急事態宣言が解除されてから約1カ月半。久しぶりに出張された方や友人との食事を楽しまれた方、街へショッピングに出かけられた方、スポーツイベントに参加された方も多いのではないでしょうか。

スポーツや音楽などの大規模イベントの参加人数の制限も緩和され、11月からはすべての都道府県で「収容人数の半分または5000人のいずれか大きい方」まで入場できるようになりました(大声での歓声があるイベントなどの場合は条件が異なるようです)。一方、世界保健機関(WHO)は、世界のコロナ感染者数や死者数が2カ月ぶりに増加した(10月末時点)と公表するなど、海外では依然として感染が収束していません。第6波の恐れも否めない中、100%安心できる状態には戻ってはいません。引き続き感染対策に留意しながら、日々を楽しんでいただきたいと思います。

市民ランナーも、状況に振り回されない順応性を持って

さて、緊急事態宣言は9月30日をもって解除されたものの、10月17日に開催予定だった東京マラソンは残念ながら延期になりました。本来は今年の3月7日に開催予定だったものが、10月に延期になり、参加者の人数を絞り、海外からの一般ランナーの受け入れも断念することで開催が実現するように準備を進めてきました。

しかし、あらかじめ大会要項に定められていた「大会開催1カ月前においても東京都が緊急事態宣言発令下にある」という条件に該当したため、やむなく再延期が決定しました。この決定に、再び残念な思いをされた市民ランナーもいらっしゃったと思います。

今、市民ランナーの皆さんは、どんなふうにランニングを楽しんでいるのでしょうか。ツイッターやフェイスブックなどのSNSを見ていると、地方の方からリアルなマラソン大会を再開してきたなという印象があります。私も11月7日に開催された「富山マラソン2021」のゲストに呼んでいただき、久々に目と目を合わせながら参加者の皆さんを応援させていただきました。また、感染対策をしっかりしながら企業の実業団チームの選手たちが地元の子どもたちを教える陸上教室を開催したりもしています。

こうしたリアルのマラソンイベントが徐々に増えてきたのは喜ばしいことですが、いつまた感染が拡大するか分からない現状を鑑みると、この先、マラソン大会をリアルのみで開催していくことは、難しいようにも感じています。昨年は、マラソン大会の中止が続く状態をネガティブに捉えたランナーがほとんどだったと思いますが、こうした状況が来年で終わるのか、5年以上続くのかは誰にも分かりません。期待した結果、「開催されない」「参加できない」とがっかりし、感染状況に振り回されてストレスを抱え続けるのは不健康なことです。

大会の開催が死活問題にもなる実業団やプロのランナーとは異なり、趣味や健康づくりのために走っている市民ランナーは、楽しみにしていた大会で走ることができなくなっても、現状を受け入れる気持ちの余裕や順応性を持つことが大事だと思います。そもそも、マラソンという競技自体、ランナーに順応性がないと戦えないスポーツです。

私は、これからは、リアルとオンラインを併用した形で大会を開催するというスタンスが、新しい未来のマラソン大会の形であり、スタンダードになっていくのではないかと想像します。参加する市民ランナーだけでなく、スポーツの大会を作っていく運営側の人間も、常に状況が変化することに慣れる感覚を持ち、臨機応変に対応することが大切になるはずです。

リアルでできないときはオンラインで…。両輪で準備を進め、臨機応変に対応できることがこの先のマラソン大会に求められています。(写真=123RF)
次のページ
アプリ1つでマラソン好きがつながる運動イベント
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント