TikTokでバズった「ダンク祭り」 縦型動画で魅力増す書籍『TikTok ショート動画革命』(2)

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

常にBリーグで上位の成績を残す常勝チームである、川崎ブレイブサンダース。チームロゴは、ゴールリングに突き刺さる稲妻がモチーフ

Bリーグ東地区の強豪チームとしてバスケットボールファンの間では、すでによく知られている「川崎ブレイブサンダース」は、経営母体がIT企業のDeNAということもあり、デジタルやオンラインへの取り組みを積極的に展開してきた。2019年には公式YouTubeチャンネルを開設、再生数が170万回を超える動画を生み出すなど人気を集め、集客につなげたという成功体験もある。

若年ファンが多いバスケとTikTokは好相性

試合のハイライトなどプレーを中心に、TikTokのトレンドを取り入れた動画も(@brave_thunders)

しかしながら、コロナ禍で思うように集客がかなわなくなった20年、SNSの運用を担当するDeNA川崎ブレイブサンダース・事業戦略マーケティング部部長の藤掛直人氏は、チームのさらなる認知度アップを目指してTikTokの導入を検討し始めた。野球やサッカーに比べると、Bリーグのファンの年齢層は低いため、若い世代に支持されるTikTokは相性がいいと考えたのだ。さらに、TikTokが基本「おすすめ」フィードを見る文化であることから、新しい人たちにもリーチできるとの期待も大きかった。

そこで藤掛氏は様々な人脈をつたい、TikTokのスタッフにアプローチを試みる。「YouTubeが成功したのも、トレンドやフォーマットに則った動画を作ったからなんです。『郷に入っては郷に従え』じゃないですけど、どうすればTikTokユーザーに響くのかを徹底的にヒアリングし、開設後の施策を考えていきました」(藤掛氏、以下同)。その熱心な姿がTikTokを動かすことになる。Bリーグのチームとして初となるパートナーシップを締結することになったのだ。「いろんな動画施策を迅速にTikTokで展開しようと考えていたことに価値を感じてもらえたようでした。一緒にスポーツでの成功事例を作り、スポーツ界にTikTokを広めていきましょうと」

縦型動画はバスケの迫力を伝えるのに最適

20年9月にアカウントを開設。試合映像から切り出したプレー集や選手の紹介動画などを投稿していったが、当初は再生数がなかなか伸びなかったという。投稿を続けるなかで、尺を長くしすぎないほうが再生回数が伸びると気が付いた。「それ以前にYouTubeで制作してきた動画は10分20分を超えるものも珍しくありませんでした。TikTokのようなショート動画では、より直感的な分かりやすさが必要で、できる限りコンパクトにまとめるよう心掛けていきました」

次のページ
人気TikTokクリエイターとのコラボも展開