有森裕子 女子マラソン、好タイム続出の陰に「男子」

日経Gooday(グッデイ)

連日熱戦が繰り広げられた北京冬季五輪も、閉幕が近づいてきました。2021年の東京五輪と同様に、新型コロナウイルス感染拡大への厳重な対策が取られる中での開催。選手の皆さんは本番に自身の調子を合わせることはもちろん、感染対策に神経をすり減らし、アウトドア競技では天候や風といった外的要因とも戦いながら、それぞれの勝負に挑んでいます。私も皆さんと一緒に熱い応援を送りたいと思います。

どん底からつかんだ優勝、そして世界選手権の代表候補へ

さてマラソン界では、去る1月30日に大阪国際女子マラソンが開催されました。この大会は今年7月に米オレゴン州で開催される世界選手権の代表選考会を兼ねており、2024年パリ五輪の代表選考レースである「MGC」(マラソングランドチャンピオンシップ)の出場権をかけた最初の大会でもありました。私もテレビ中継の解説者の1人として現地入りし、レースを見守りました。

競技場のスタンドに設けられた大阪国際女子マラソンの実況ブースの様子。

2年ぶりにコースを公道に戻した今大会は、地元・大阪出身の松田瑞生選手(ダイハツ)が日本記録を上回るハイペースで25キロ過ぎから後続を引き離して独走状態に。終盤はペースが落ちたものの、2時間20分52秒の大会新記録で2年ぶり3度目の優勝を果たしました。2位には上杉真穂選手(スターツ)が入り、この両選手が世界選手権の代表候補の条件をクリアしました。

松田選手は、2020年のこの大会でも好記録で優勝したものの、その後の大会で一山麻緒選手(ワコール、東京五輪女子マラソンで8位入賞)がさらに速いタイムで走ったため、あと一歩のところで東京五輪の切符をつかむことができなかった苦い経験があります。どん底に突き落とされたような時期を乗り越えて、今回の大会には並々ならぬ思いを持ってエントリーしたはずです。よっぽどのことがない限り、彼女が中心のレース展開になると誰もが予想していました。

松田選手はそうした期待に見事に応え、自身が目標としていた2時間20分切りには届かなかったものの、自己ベストとなる好記録で見事な走りを見せてくれました。

好タイム続出へと導いたペースメーカーの存在

松田選手を筆頭に、この大会では入賞者8人のうち、実に7人もの選手が自己ベスト記録を更新しました。彼女たちの潜在能力がしっかり引き出されたのは、昨年から採用された「国内男子選手が担うペースメーカー」の存在が大きいことは確かでしょう。

こうした大きな大会では、本来なら海外から有力選手を招き、その選手たちがペースメーカーとしてレースを牽引したり、競い合ったりすることで日本人選手の潜在能力が引き出されてきました。しかし、コロナ禍で外国人選手を招くことができなくなったため、代わりに国内の男子選手がペースメーカーとして起用されたわけです。

今大会ではペースメーカーが3つのグループに設定されていました。号砲前に発表された設定ペースによると、先頭集団は神野大地選手(セルソースアスリート)と福田穣選手(NN Running Team)、田中飛鳥選手(RUNLIFE)の3人が1キロ3分19~20秒で先頭集団を引っ張り、大会記録(2時間21分11秒)を更新できるペースで走ります。続く第2集団は、川内優輝選手(あいおいニッセイ同和損保)と寺田夏生選手(JR東日本)が1キロ3分22~23秒のペースで牽引。第3集団は岩田勇治選手(三菱重工)が1キロ3分25~26秒でゴールを目指すペースだったそうです。

選手同士が駆け引きをしながら激しく競い合う大会と比べると、ペースメーカーに守られるようにして走る今回のレースは、レースというよりはタイムトライアルに近い印象を受けた人も多いかもしれません。通常、ペースメーカーが引っ張るのは30キロ付近までですが、独走に入った松田選手の周りに3人のペースメーカーがぴったりとつけ、ゴール付近まで共に走るという風景に違和感を覚えた人もいるでしょう。

結果として、ペース配分も正確な、非常に安定したペースメーカーのおかげで、自己ベストを更新する選手が続出。6位の選手までがMGCの出場記録を突破するという好成績を収め、結果的に良かったのではないかとも思います。

折り返し地点で、ペースメーカーの川内選手が女子選手たちの様子を確認しながら安全に誘導するようなシーンや、第1集団から遅れそうな選手をペースメーカーの田中選手が「ついてこい」と言わんばかりに手招きするしぐさなども見られました。ペースメーカーが選手に声をかけたり触れたりすることはNGですが、こうしたサポートに女子選手たちも「走りやすかった」「苦しい30キロ以降も耐えられた」などと話していた様子も印象的でした。

次のページ
タイムを狙うか、勝負にこだわるかによって走り方は変