SKY-HI 力を注ぐべきは音楽に向かう「純粋性」連載 SKY-HI「Be myself, for ourselves」(33)

日経エンタテインメント!

前回「SKY-HI 『健康的なファン活動』と音楽チャート」に引き続き、今回も『日経エンタテインメント!』2022年1月号の連載分を掲載する。前回はチャートのためにファンが無理をしてまで「CDを積む」行為と、それにレコード会社や運営側が頼ることに対する不健全さを語ってもらった。任天堂元社長の岩田聡氏の言葉を引用しながら、射幸心や競争心をあおって一時的な利益や結果を追い求めるのではなく、ファンから本質的な意味での信頼を得ることが大事と話すSKY-HIだが、今回は、応援したいファンの気持ちに対し、BMSGはどう向き合うのかを聞いた。出てきたのは、「音楽に向かう『純粋性』を保つこと」という言葉だ。[「BE:FIRST」や「THE FIRST」についてはこちら

マネジメント/レーベル「BMSG」を率いるSKY-HI(日高光啓)は「新しいカルチャー」を作ることを目指す(写真:上野裕二、ヘアメイク:椎津恵)

SNSなどでは、BE:FIRSTと出会ったことで初めてもしくは数十年ぶりに「推し活」をするというコメントもよく見かける。その人たちが「どのように応援すれば、彼らのためになるのか」を考え、迷う様子も目にした。

「『どう応援したらいいんだろう』という考え方自体が不健康だし、応援したいようにしてほしいなと思います。CDは届いた人が喜ぶように作るし。ボーイズグループである以上、ビジュアルもこだわりたいクリエーションの1つです。だから、CDのアートワークにもこだわるし、ジャケット写真の撮影のときには優れた特典用の画像も作りたい。特典だって、できるだけ多くの種類を用意したいんです。僕自身としては、ファンが『欲しい』と思うものは作りたい。

無理してCDを買ってほしくはないけれども、グッズのようなものとしてファンのニーズがあるのであれば、CDを買ってもらう正当性はあると思っているんです。買って喜んでもらえるようにいろんな形を用意しているだけなので、好きなものを買ってほしいです。通常盤も気合いを入れてジャケットを作っていますし、コンプリートしたい特典があればそろえることを楽しんでもらいたい。それがあまりにも逸脱していたら、もちろん是正していきますし。僕らも常識の範囲内でやるから、欲しいものを買ってほしいです」

今が新しい仕組みを作るチャンス

「CDでもダウンロードでもストリーミングでも、聴きたい方法で聴いていただければいいし、僕らはどれでもうれしいんです。そのうえで、チャートの順位が上がればもちろんうれしいけど、SNSの『いいね』1つだって本当に幸せなんです。『いいね』したい人に『いいね』したいものが届くことで、『いいね』が付くと思うので。

今回、BE:FIRSTは歴代3位の1400万回のストリーミングの再生回数を記録しましたが(オリコンチャート『アーティスト別週間再生数記録』)、1回聴くことは1400万分の1を担っているわけではなく、我々が命を懸けて作った楽曲の1回の再生が1400万回行われたと捉えています。

だからこそありがたいのであり、10回聴いてくれた人は10回分それを味わってくれたわけだから、こちらとしては10回分うれしい。聴くに値するものを作るのはこっちの仕事だし、作る側の僕らはそこを忘れちゃいけないと思っています。楽しみ方は本当に自由なので、それぞれの幸せのために楽しんでほしい。本当にそう思います」