「消臭のエステー」ペット用品参入 まずは猫トイレ

エステーの新ブランドである「エステーペット」から、第1弾商品として発売された猫用システムトイレ「エステーペット 実感消臭本体セット」、「エステーペット 実感消臭チップ」(2アイテム)、「エステーペット 実感消臭シート」(3アイテム)が発売された
日経クロストレンド

“ニューノーマル”な生活様式に合わせ、消臭や除湿など空気に関係する商品を販売し売り上げを伸ばしてきたエステーが、新ブランド「エステーペット」を立ち上げ、ペット用品市場への参入を発表した。第1弾は猫のトイレ関連商品で、2022年2月22日の「猫の日」に発売した。

コロナ禍の下、ペット用品市場に参入

生活日用品メーカーのエステーが新ブランド「エステーペット」を立ち上げ、ペット用品市場に参入する。

同社は消臭芳香剤「消臭力」、衣料用防虫剤「ムシューダ」、脱臭剤「脱臭炭」、除湿剤「ドライペット」、米びつ用防虫剤「米唐番」、花粉対策商品「MoriLabo(モリラボ)」など、独自性の強いブランドを展開。「空気」を軸に、一般家庭向けのBtoCだけでなく、オフィスやホテル、空港、病院、介護施設などのBtoB領域でも国内外で事業を拡大している。

同社が22年1月27日に発表した22年3月期 第3四半期(21年4~12月期)の連結決算によれば、純利益は前年同期比13.6%減の21億9500万円。実質の減収減益となっているが、これは新型コロナウイルス禍による巣ごもり需要が落ち着いたことや、販売費および一般管理費が増加したこと、マーケティング費用などを戦略的に投下したことなどが影響しているという。一方でニューノーマルな生活様式に合わせ、「快適な生活のサポート」「社会課題への対応」の2軸の下に展開した商品は好調で、売上高では高付加価値品が堅調に推移。いまだ続くコロナ禍での「おうち時間」増加に伴う商品需要は高いと考えられる。

エステーペットもおうち時間増加に目を付けた商品だ。22年2月22日に発売となった第1弾は、猫用システムトイレ「エステーペット実感消臭本体セット」、「エステーペット 実感消臭チップ」(2アイテム)、「エステーペット 実感消臭シート」(3アイテム)で、いずれもおうち時間需要の1つである、ペットのいる家庭の悩みに注目した。初年度販売目標は、本体セットが2万1000個、消臭チップが36万7000個、消臭シートが35万9000個を掲げる。

左から発表会に登壇したエステー事業統括部門クリアフォレスト事業部ペットケア事業担当の藤平諭志氏、エステー 鈴木貴子社長、エステー事業統括部門クリアフォレスト事業部の奥平壮臨事業部長

飼育継続のポイントはトイレのにおい

調査会社の富士経済によれば、国内のペット関連市場は16年の4245億円から20年には5034億円へと直近5年間で119%に伸長。このうちトイレ用シーツ、猫砂、消臭剤、脱臭剤などの排せつに関連するペットケア用品は、745億円から825億円へと成長しているという。この傾向はコロナ禍により拍車がかかり、23年にはペット関連市場全体で5433億円に、ペットケア用品で871億円にまで成長すると富士経済では予測している。

ただ市場拡大の一方で、飼育放棄などが社会問題化している。発表会に登壇した鈴木貴子社長は、「コロナ禍においてペット飼育の実態について分からないまま飼い始めたビギナーを中心に、思ったように懐かない、あるいはにおいがきついといった理由から、飼育を諦めてしまう事例も増えていると聞く」と説明。中でもにおいの問題は大きい。エステーが猫飼育者480人を対象に行った調査によれば、「飼育していて困ったこと」の1位に「トイレや排せつ物のにおいが臭い」が挙がっているという。

においの問題であれば、「消臭のエステー」の出番ともいえる。同社の別の調査(猫飼育者1085人を対象、複数回答可)によれば、「においが気になるタイミング」は猫が排せつした瞬間が60.6%、トイレシート・マットを取り換えるときが34.6%、トイレシート・マットの取り換えが遅れたときが33.8%だったといい、データ上からも「におい問題はいまだ解決できていない未充足ニーズと分かった」と鈴木社長。飼育継続のポイントとしてトイレのにおいに着目し、今回の商品を開発することになった。

猫の飼育の課題に関し「(特に)におい問題はいまだ解決できていない未充足ニーズと分かった」と鈴木社長は説明した
次のページ
サーキュラーエコノミーを強調