磁石と紙でヘビやゴリラが動く 科学を楽しむ知育玩具

紙製のヘビを磁石シートの上で滑らせると、口がパクパクと開閉する。クリップに近づくとパクッと飲み込んでしまう
日経クロストレンド

福永紙工(東京都立川市)の「マグネタクト アニマル」は、磁石の力を利用した科学玩具だ。磁石と厚紙を紙に貼るだけの簡単な構造ながら、組み合わせによって様々な動きが生まれる。ヘビが口をパクパクさせたり、身をくねくねさせながら前に進んだり、ゴリラが両手で地面をたたくような「パタパタ」とした動きが軽快な音とともに生まれたりする。これまでにない新しいキネクト・トイ(動くおもちゃ)だ。

仕組みはこうだ。動物を動かす“地面”となる大きな磁石シート内部は、N極とS極が交互に現れるストライプ状の磁石になっている。動物側の小さな磁石シートも同じ構造になっている。これを大きな磁石シートの上で滑らせると、同じ極同士が重なったときは反発し合い、違う極同士が重なったときは引き合う。大きな磁石シートの上を滑らせることでその状態が交互に現れ、動きが生まれるというわけだ。小さい磁石シートを複数使えば、複雑な動きを生み出すこともできる。

この技術はもともとNTTコミュニケーション科学基礎研究所の安謙太郎博士が生み出したもの。磁石シート同士を滑らせると、手にブルブルとした振動が伝わり、ストライプの幅などを変えれば違った触感になる。そのため、電気を使わず触覚に訴えるコミュニケーションやインターフェース技術として研究されてきた。この「マグネタクト」という技術を、クリエイターの石川将也氏が触覚だけでなく「動き」の領域に発展させて生まれたのが、マグネタクト アニマルだ。小さい磁石シートを直接手で動かすのではなく、小さく切った厚紙と連結したことがポイントだ。

マグネタクト アニマルのパッケージ(表)。価格は2530円(税込み、以下同)
マグネタクト アニマルのパッケージ(裏)
マグネタクト アニマルのパッケージ(内面)。作り方や動く原理の説明、動画へのリンクなど情報が盛りだくさん
次のページ
製品とワークショップは不可分
MONO TRENDY連載記事一覧