有森裕子 パラリンピックを一過性で終わらせない

1位でゴールした道下美里選手と伴走者の志田淳さん
日経Gooday(グッデイ)

すっかり秋めいて、ランニングをしやすい陽気になりました。コロナ禍でさまざまな制限がある世の中ですが、一方で、ひとりで自由に過ごす時間が増え、自分なりのランニングルーティンが作れた人も多いのではないでしょうか。緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き感染対策に気をつけながら、ぜひ健康のために走り続けてほしいと思います。

自分だったら、伴走者をあれだけ信じて走れるだろうか

さて、東京2020パラリンピックが終わってはや1カ月がたちました。オリンピックでの日本代表選手のメダルラッシュも目を見張るものがありましたが、パラリンピックでも日本代表選手の活躍が非常に目立ちました。人と人とが支え合って、目標に向かっていく姿に改めて心動かされながら、この大会が掲げてきた「多様性」と「共生」の実現を感じました。

陸上女子マラソンT12(視覚障害クラス)で金メダルを獲得した道下美里選手(三井住友海上)が、伴走者を信じ切って見事に走り抜いた姿を見て、もし私が視覚障害のあるマラソン選手だったら、伴走者をあれだけ信じて、100%の力を発揮することができるのだろうかとも考えてしまいました。そして、「信じられるのだろうか」と思うこと自体が、健常者自身が気づいていない心の障壁なのかもしれないとも思いました。

世間の称賛の声は、これまでの報道姿勢の裏返しでもある

今回のパラリンピックは、開催前から注目競技や選手を特集した番組がいつもより多く放送されました。競技そのものの放送時間も、これまでのどのパラリンピックよりも長かったように思います。世間の声に耳を傾けると、「パラリンピックはこんなに面白いのかと衝撃を受けた」「あんなに感動するとは思わなかった」「迫力があって興奮した」など、新鮮な感想が多く、これまでで最も大きな関心を集めたパラリンピックになったことは間違いありません。「パラリンピックの競技や開会式、閉会式を、今回初めてちゃんと見た」という方がほとんどだったのではないでしょうか。

もちろん、競技の内容はこれらの称賛の声に値する素晴らしいものでしたが、違う視点から見れば、「開催国でなければパラリンピックは注目されないのだろうか」と感じずにはいられませんでした。皆が強烈な感動をもらったというパラリンピックは、これまでだって4年に1度開催されてきたのです。

さらに言えば、私が理事長を務める、知的障害のある人たちのトレーニング成果の発表の場であるスペシャルオリンピックス日本の競技会や、聴覚障害者のデフリンピックなど、パラリンピック以外の障害者スポーツの大会も、世界中で開催されています。しかしその存在を知り、観戦に足を運ぶ人は決して多くはありません。その1つの原因として、やはりメディアがパラリンピックを含めた障害者スポーツを、今まであまり取り上げてこなかったことが挙げられると思います。

年間を通じてごく普通に報道されれば、障害者スポーツも他のスポーツと同様、人々を魅了し、気づきをもたらすスポーツであることが伝わり、パラリンピックも、障害者をより知り、理解して共生社会を体現できる大会になるのではないでしょうか。そのことが、今回の東京パラリンピックで証明されたと私は思います。世間の反応を通じて、これまでの報道がいかに偏っていたかということにメディアには気づいてほしいです。

次のページ
オリンピックとパラリンピックをセットで開催という夢
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント