パソコンに値上げの波 実売価格高止まり、周辺機器も

値上げの波はパソコンにも波及している(写真はイメージ=PIXTA)

新型コロナウイルス禍におけるサプライチェーンの混乱は、様々な領域で価格上昇をもたらしている。2022年はガソリンや電気やガスの料金のほか、食料品、文具、家電などで値上がりが見込まれている。

当然、影響はパソコンにも及んでいるが、その実態は捉えにくい。パソコンはもともと価格が「オープンプライス」に設定されていることが多い上に、すぐ新製品に切り替わるからだ。

そこで、全国の主要量販店などのPOSデータを収集しているBCN(東京・千代田)の調査をもとに、パソコンの実売価格を比較。発売後の実売価格やその後の値下がり状況を比較してみた。

スペック変わらず実質値上げ

量販店で売れ筋の15.6型ディスプレー搭載ノートパソコンのなかから、富士通クライアントコンピューティング(川崎市)の「LIFEBOOK AH」シリーズの動きを見てみた。調べたのはCPU(中央演算処理装置)が米Intel(インテル)のCore i7で、メモリー8ギガバイト(GB、ギガは10億)、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)512GBのモデルだ。

富士通クライアントコンピューティングの売れ筋ノートパソコン「LIFEBOOK AH」

条件に合致するモデルのうち、20年7月発売の「LIFEBOOK AH53/E2」は、BCNによると同月の平均実売価格は15万4300円。それが、後継機である「同E3」が発表された同年10月には13万7700円にまで下落。21年7月の平均実売価格は11万2000円なので、発売1年後の下落率は27%だった。

20年10月発売の「同E3」は、発売初月は平均実売価格16万7800円からスタート。CPUが第11世代のCore i7に進化しただけで基本スペックは変わらないのに、スタート価格が1万3500円も上昇している。実質9%の値上げだ。同製品の21年10月の平均実売価格は13万6300円なので、発売1年後の価格下落率も19%にとどまる。

21年10月発売の最新モデル「同F3」はさらに値上がりしている。Windows 11搭載という売りはあるものの、発売初月の平均実売価格は18万7300円と、前年10月発売の「同E3」から11%も上昇している。前年7月発売の「同E2」比だと21%の価格上昇だ。

「同F3」は発売から3カ月たった21年12月でも平均実売価格17万2200円をキープしており、下落率は8%にとどまる。一つ前のモデルの「同E3」が発売3カ月で13%下落したことを考えると価格の落ち方が鈍化している。

同様の傾向は他社のパソコンでもみられる。総じて、新しいモデルほど発売月の価格が高く、その後の価格下落率も小さい。原因はいくつかあるが、半導体不足による部品価格の高騰と物流コストの上昇が大きい。

次のページ
パソコン以外にも波及